トリシティ 300。

防風効果は高く、シート下のスペースもたっぷりと確保されているため、ロングツーリングも難なくこなしてくれるはずだ。

つい、イケイケになってしまうのだが、その分自制心が必要と思った。

52

あくまでスポーツの道具としてのバイク。

が、その分重いわけでして・・・それが停車時には大変な負荷が掛かります。

実際に走ってみないと聞いているだけでは、伝える事は出来ないですからね。

通常の2輪スクーターでは困難な状況でも走行は可能です。

とにかく、冬の走行にはくれぐれもご注意くださいね。

1年乗ってみて125ccならではのパワー不足や高速に乗れない等の不満、そしてトリシティならではの安定性の高さなどを考えてトリシティ300へと乗り換えることにしました。

実際に目の前にすると、特に車体前部のボリュームがすごい。

等々メリットは多い。

スーツ姿が似合いそうなインテリジェンスを感じさせる独自のデザインだ。

私は個人輸入するのは敷居が高かったので、このパネルを装着した車両の納車紹介していた東京の YSP杉並北店さんにメール連絡し、取り寄せをお願いしました。

15