ストップ 高 銘柄。

85

そのうちの19銘柄はプラス推移となっていて、割合としては59. それ以外の大陽線とか、下髭つきでストップ高となった銘柄は58銘柄でプラス推移は32銘柄です。

翌日の寄り付きにそこまで大きく上昇しなければ、ザラバ中の上昇を狙って、寄り付きで買って引けまで保有して決済するという順張りの戦略が有効になる場合があります。

株の「ストップ高」「ストップ安」とは? 株を始めると、「ストップ高」や「ストップ安」というワードをよく目にすると思います。

ストップ高をつけた銘柄は、強烈に資金が流入していることから、ストップ高をつけた翌日に買うことでも十分に上昇のうまみを得られそうです。

ただ、ストップ高銘柄はやはり買いなのか?を知るためには良い検証になると思います。

75

というわけでストップ高銘柄の押し目についてもパラパラっと見てみました。

まず、ストップ高ですが、企業が何か画期的な開発などで「市場想定以上」に業績が良くなる見込みがある場合に起きます。

分析内容の詳細は以下の通りです。

<関連記事>• これは、 ストップ高付近での「はがれて、張り付いて」に巻き込まれないメリットがあります。

仕手株は株価の乱高下が起きやすく、便乗してしまった個人投資家が損することが多いので注意が必要です。

ストップ高銘柄で翌日以降に利食いタイミングがあった割合 前述の結果から、ストップ高銘柄はもしかしたら何も考えずに買っても良いのかな?と思ったので追加検証をしています。

41 % 平均利益(円): 32,837 円 平均利益(率): 16. 株価のストップ高連続記録は「フィスコ」の19日 ストップ高になった銘柄は、翌日も株価が上昇することがあります。

94 % 勝ち数: 3,120 回 負け数: 5,809 回 引き分け数: 20 回 平均損益(円): -8,829 円 平均損益(率): -4. 株価がその値幅マックスまで上がると、それ以上、その銘柄が上昇することはありません。

ただし、翌日の寄付きで大幅ギャップダウンとなった場合には逆指値が発動しても利益があまり残らない可能性もあるでしょう。

51