クリストファー プラマー。

ベトナム戦争を戦ったアメリカの闇を描いた最新の出演作『ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実』は、3月5日の日本公開を控えている。 82歳での受賞は、演技部門の受賞者の中では最高齢である。 『』にて助演男優賞にノミネートされ、88歳で演技部門でのノミネート最高齢記録を更新した。 83歳でもらった賞とは、「人生はビギナーズ」(2010)で獲得したオスカー助演男優賞のことだ。 そんなプラマー氏の演じた役の中で、多くの観客の印象に最も残っているのは、やはり『サウンド・オブ・ミュージック』の主演俳優ジュリー・アンドリュースの相手役である、トラップ大佐ではないか。 ウォーキングもする。 そのお姿をもう見られないのは、とても悲しい。
1965年には「サウンド・オブ・ミュージック」にフォン・トラップ大佐役で出演。 91歳だった。 君が忘れても大丈夫なように、全てを手紙に書いた。 クリストファー・プラマーは常に自分を舞台俳優として見ていましたが、映画製作には向いていませんでした。 彼らは小規模でプライベートな結婚式を挙げ、リッツで静かな昼食を一人で楽しんで結婚式を祝いました。 クリストファー・プラマーは海外俳優で一番最初に知ったハンサムさんだった気がする。
51