馬宿 の 風景 画。

49
天気がいいので今晩も期待し月の入りを待って宿の前へ。 ・マップを参考にして移動すると良い。 今回は知床サイクリングサポートの西原さん、知床のガイド屋PIKKIの若月さん、地域おこし協力隊で登山が趣味の市川さんと皆若く(ボクよりも・・)強者揃い。 やっぱり無理もきかないお年頃になったと自覚し、週一日、だいたい火曜日に休みを取ることにしました。 何回も大火に見舞われたが、現在残る建物は幕末から明治時代の建築で、道に面して平入り出桁造り、千本格子の2階部屋など宿場時代の面影がよく残っています。 道路の湖側にはヒオウギアヤメが紫に咲き誇っています。 長野県民は信州の馬籠、藤村との想いから合併には賛否両論があったそうです。 弓を構えて木の矢の先端に燭台の火を点ければ、炎を持って移動できる(矢は射る必要なし)。
16
それまでは仮設の展望台があります。 なかでも明治以降前後に建てられた秋山家(若松屋)・田中家(池田家)・小林家(川口家)の3軒の住宅は国登録有形文化財に指定されています。 中には【 オパール】が入っている。 2つ目の部屋:高台前の木箱を燃やすか爆破、もしくは武器で壊す(オノが最適)と、板が下がって導師の所への坂道ができる。 妻籠城は典型的な山城で、何時誰によって築かれたか定かではないそうです。