尿道 炎症。

尿もれにはいくつかのタイプがありますが、いちばん多く見られるタイプは、腹圧性[ふくあつせい]尿失禁です。

悪化すると黄緑色っぽい膿になり、尿道から常に出て下着を汚してしまいます。

膀胱炎の中でも出血を伴うもの()や慢性化するもの()などがある• 本病目前在欧美国家已超过淋病而跃居性传播疾病首位。

感染者の傾向としては、やはり風俗店の利用者が多いです。

ST合剤は妊娠中・授乳中は使えない• せきやくしゃみをしたり、重いものを持ち上げるなど、おなかに力がかかったときに少し尿がもれてしまうのが特徴です。

妊娠中にはアモキシシリン・クラブラン酸合剤(ペニシリン系抗菌薬、商品名オーグメンチンなど)、セファクロル(第一世代セフェム系抗菌薬、商品名ケフラールなど)などの抗生物質が使える• 治療の方法 感染症であるため、抗菌薬の投与が基本になります。

また、尿道炎を放置したり、治療が不十分だったりした場合、尿道が狭くなり、膀胱や腎臓に感染するリスクが高まります。

性行為と関係なく発症するものもある。

そしてさらにどのような細菌が尿の中に存在するのかを培養検査で調べます。

32