全日本 剣道 連盟。

第9条 規則第7条5号「判定」は、次のとおりとする。

(3)地方代表団体の長は、上記(1)の要件に該当すると認めた受審者について、推薦書に申請書と小論文を付して会長に候補者として推薦する。

ただし、地方代表団体が、当該地方代表団体の団体会員又はこれに準ずる団体に委任することを妨げない。

本連盟の評議員の員数は47名以上60名以内としています。

地方代表団体の長は、第3項の規定により地方代表団体選考委員会の委員を委嘱したときは、会長に対し、委員の氏名等を速やかに全剣連の定める様式の書面をもって報告しなければならない。

範士の審査は、審査員10人中8人以上の合意により合格と判定する。

(審査方法等) 第24条• 5メートル以上の余地を設ける。

20 85