アダムス ミス 道徳 感情 論。

・人々の共感と社会経験によって道徳の一般法則が形成 それでは詳しく解説していきます しかしこのなぞかけの落ちは「ブー
経済学の基礎を築き、資本主義の基礎理論を体系化した功績から「古典派経済学の父」と呼ばれています そのスミスが書いた『道徳感情論』という書物の中で、一部スミスは基本的な問題感心 を取り上げているが、この部分は、現代の我々の日常生活にも非常に浅く広く関係してい ると思われたので、本レポートで、その一部、道徳感情論の中の「同感」という人間の感 情はどのように人間の中に生まれていくのかという興味深い人間の感情的一面観察を、ス ミスの見解の変動という点に主眼をおきながらまとめたい
先ほど述べた「賢人」と「弱い人」の どちらが経済を発展させるでしょうか その他の参考書籍については、「人間経済科学研究所」HP<参考書籍等一覧>および 大原浩ブログ の「備忘録:読んだ本」などを参照
以下のような一文があります 337) 宗教は人間の自然な義務感を強化する
市場とは互恵的な場であり、それは弱い人間の自愛心だけでなく、交換性向、説得性向、そして同感などの原理によっても支えられています 最終第5章、「目的論とスミス道徳哲学の現代的意義」は、スミス道徳哲学から神学・目的論を切り離そうとするスミス研究主流派の主張と、その可能性を検討する
富者の富は公平に分配される 終始、道徳的な話が多くされていたこの書籍ですが、アダム・スミスは富の分配についても触れています 「人間とはどうあるべきか?」「社会とはどうあるべきか?」というより大きなテーマを扱う中で現代の経済学に通じるような考え方が生まれてきました
アダム・スミスは経済学者なのに「道徳」?と思う方もいるかと思いますが、スミスが活躍した1700年代は、まだまだ経済学という学問が確立しておらず、「哲学」が主要な学問でした この本に続く国富論は、人間は利己的に動いているのに、どうして社会では最適な資源分配がされるのであろう?というより経済に近いテーマを扱っています
胸中の公平な観察者の判断にしたがうこととは、この一般的諸規則にしたがうことを意味します 人間の社会性が社会に繁栄をもたらす 人間は他人から関心を持たれ、同感されることを望む存在であるため、見る者に歓喜を想起させる富や高い地位を求め、逆に悲哀を想起させる貧困や低い地位を避けようとします
73
人間本性の合目的性を説明できなければ、道徳の合目的性を説明できない。 このような一般法則に基づいて、社会の秩序・法が形成されていく過程を示しました。 この階級の人は財産を築いていく上で 周囲の人との関係を良好に保つ必要がありますし そのためには一般的諸規則に従うことは必要になってくるからです。 愛を注ぐ人と注がれる人は互いを思いやり、互いを幸福にする。 スミス哲学においては、功利的デザイン論により仁愛ある規則功利主義者の神が論証される。 「道徳感情論」と「国富論」前提となる人間観が、共感的か、エゴイスティックかということで矛盾しているみたいに言われることもあるが、「道徳感情論」の初版は、「国富論」出版前だが、「道徳感情論」の第6版は、「国富論」の出版後に出ていることから、アダム・スミスとして、この2冊には、一貫した人間観があると考えて良いはず。
71