シティー ハンター 小説。

新宿プライベート・アイズ - プロジェクト ポータル ・ 『 シティーハンター』 CITY HUNTER は、による作品、およびこれを原作とした・等の作品。

ギャンブルの腕では超一流で自分に勝てない男を近づけない性格だった。

重度の近眼のため眼鏡(二角眼鏡)を常用しているが、素顔は端整。

・で殺し・ボディーガード・探偵等を請け負うスイーパー「シティーハンター」の活躍を描くコメディ。

「自分より弱い男には興味がない」と言って相手の腕を試し、父(警視総監)の用意した見合い話を何度もぶち壊しにするなど、男を寄せ付けない仕事一筋ぶりだが、以前は生前同僚だった槇村と 獠を交えた三角関係にあり、いずれかを選ぼうかという矢先に槇村が亡くなる。

67

その際、獠には正体が最後まで分からなかった。

シティー ハンター 二次 創作 小説 についてもっと詳しく調べてみたい時は以下のリンクをたどってください 読切りとして描かれ好評であった『シティーハンター -XYZ-』、『シティーハンター -ダブルエッジ-』(後述)を元に「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)誌上において1985年13号から1991年50号にかけて連載。

前作『』に続く北条司2作目となる連載作品。

では『』のタイトルで放映された。

愛車は赤ので、A級ライセンスを持つほどのドライビングテクニックを持つ。

「将軍の罠! 横スクロールの。

彼の名は、冴場獠。

58