氷見 冤罪 事件。

2009年5月14日、国家賠償訴訟しました。

富山地裁高岡支部では、懲役3年の実刑判決が言い渡された。

男性は、取調官に「はい」か「うん」しか言うなと言われ、怖くて「おかしい」などとは言えなかったという。

その後、国から支払われた刑事補償金は約1000万円。

判決は、来年3月9日に言い渡されます。

このため、2009年5月、柳原さんは誤判原因の究明と富山県警と検察の責任を明確化するために、国賠訴訟を提起した。

K「答えろ、答えろ。

警察が真犯人について発表した後、いくつかのメディアに「金を払うから」と取材を申し込まれました。

「被疑者=犯人」と説明した取調官 Aさんは、知人のBさんの顔を拳で殴ってけがをさせた疑いで、2013年9月9・11・12日、11月5・7日の5日間、大阪府警西堺署の取り調べを受けた。

41
刑事補償は、捜査などの不当性を認定して賠償を行うものではなく、身柄拘束されていたことによる不利益や精神的な苦痛などに応じ、1日当たり1000~1万2500円と決まっている。 鳥取県警に捕まった真犯人が自供したということは、昨年1月19日、ケーブルテレビの字幕で知りました。 柳原浩さんと本当に似ているのか 画像を探してみたのですが 発見することが出来ませんでした。 すると同房者の恨みを買い、喧嘩を吹っかけられる。 明日は我が身、いったいどうすれば 自分のみを守れるのか? 考えても答えは出ませんでした。 原告側の表現の変化をみると、えん罪をめぐる裁判などで捜査側の問題点を立証するのがいかに難しいかが分かりますね。 早く答えろ」と迫った。 公判前に、弁護士との打ち合わせはありません。 は任意で行われたにも関わらず、4月8日以降断続的に3日間、朝から晩まで長時間にわたった。
46