ヒット ボックス apex。

クールタイム 25秒 効果時間 5秒 虚空へ入り、一定時間ダメージを無効化するアビリティ。

彼女は空中から敵を迎え撃てる能力を持っています。

レイスへの対策 虚空の終わりを狙う レイスの虚空は、完全に消えてしまうのではなく青白い軌跡が見える仕組みとなっている。

なぜなら下の窓枠は自分視点から見ると写っていないので、自分が遮蔽を使えている認識がないのだ。

仲間も離陸システムで上昇可能 シーズン9の新キャラは「ヴァルキリー」というキャラが登場しました。

19
ウルトのEMPは戦略的にも優秀ですが時間による計測をおこなった場合、他のどのレジェンドのスキルよりも劣っている事が指摘されました それぞれのキャラでヒットボックスの大きさが異なり、小さいキャラほど弾が当たりにくい
pp-field-user-avatar-picture-wrap. 腰と脚は大きくするとのことでしたが、実際は頭、肩も少し大きくなってます Apexリリース直後はトップクラスの評価を受けていたので現在の評価はあまり満足していないかも
今後評価が上がって行くかもしれないレジェンドです 更にレイスは「ヒットボックスの増加」が行われこれまでの長所だった判定の小ささを生かした撃ち合いをする事が厳しくなってしまい、海外の一部からは『レイスは撃たれて虚空に入るだけ』とまで言われるようになってしまいます
これがセオリーですし、上級者はここにキャラコンが加わり、手が付けられなくなります ピック率も既に低そうですので、修正入りそうですね
公式の発表によるとモデル自体に変更はないが、胴体と脚の部分の幅が大きくなったということ 設置中のバリケードは簡単に壊されてしまうのは相変わらずなので充分な調整と言えなかったでしょう
ここで、一気に初心者がレイスを使うことができなくなりましたね 難点として尖った部分が少ないので特化キャラと比べると強みが薄い事
important;border-bottom:1px solid dbdbdb! これによって何が起きるのかというと、 被ダメージ増です 戦うたびに真実へと近づけるのだから…. 忍者走りから通常の走り方になったんですが、この嘘みたいな調整も、 レイスの良さを残す為に最大限考えられた調整だったんだと今になってわかりました
しゃがみでもある程度遮蔽が切れるし、立っている状態でも体の横半分とした半分は隠れているので、横だけしか隠れていない遮蔽よりもヒットボックスを大幅に減らすことができる 能力自体が弱いわけではありませんがApexのゲーム性と合っていない印象が強いです
プレイヤーが頑張って今のレイスを使いこなし、 今回の弱体化も乗り越えてほしいです そして相手に机を上手く遮蔽に使われ、返り討ちに合ったことはないだろうか
バンガは生存能力や単騎性能高いから上手い人なら全然ありだと思ってB etc もう少し詳細な説明もできますが割愛します 今回は全キャラ同色の真っ赤な色を使ったので改善されました
13 76