仙洞 仮 御所。

「今回のお引越しで運ばれたお荷物は、トラック100台分を優に超えるでしょう」 と語るのは、皇室ジャーナリストの神田秀一氏である。
土地面積は約2万平方メートル、建物の延べ床面積は1592平方メートル。 建物は、 鉄筋コンクリート造りで地下1階地上1階建てです。 御所には私たち庶民には想像もつかないような大掛かりで貴重で国宝級の数々の品々が保管されているのでしょう。 。 当時は高輪御殿と呼ばれていました。 つまり上皇陛下と美智子様がお引越しされる時点で 47年物の建物ということになります💦 故高松宮様の奥様喜久子様が逝去された 2004年に以来無人だったため、かなり老朽化も進んおり改修費用はどうしても嵩んでしまうのでしょうね。 『仮住まい』と言うことがネックになっているのも否めないようですね。 3.支所の建物から出て、右手に歩くこと3分。 東部には広い池を中心にが広がっている。 1.高輪ゲートウェイ駅改札を出ると目の前がロータリーです。
67

仙人は道教における理想的な人間で、俗世を離れて隠遁することから、退位した天皇の住まいの名称として用いられる。

「今上両陛下が引っ越ししないのは、高輪邸の改修工事が終わっていないからと言われ、その工事はいつ終わるのかと聞くと、わからない、できるだけ早く速やかに」というのは答えでした。

改修工事の終了を待って、上皇・上皇后両陛下が赤坂に移られれば、仮住まい生活は終了となるわけです。

1973年9月に完成した昭和天皇の弟の故・高松宮さまの宮邸として使われた高輪皇族邸を改修し、内装や空調設備を新調した。

その際、両陛下の室内運動場と研究室を兼ねたプレハブは建設も中止されたようですね。

91