連作 障害。

例えば畑を4つに区切り、Aゾーンは今年はナス科、Bゾーンはウリ科という風にグループごとにゾーンを分けて決めておきます。

連作障害を起こすのは幾つかの要因がありますが、原因となるものを良く見極めて作物を作る必要がありますので、その予防策を挙げてみました。 指示されたことをやるだけですから、農業技術など身につくはずもありません。 そのような場合には、連作障害が生じにくい畑にすることで対策します。 おもなものに青刈トウモロコシ・青刈エンバク・青刈ダイズなどがあり,乾燥させたりサイロに入れたりして保存することが多い。 しかし、一度そのような障害が出てしまうと、なかなか元には戻りませんし、戻すのにもとても時間がかかります。 このアブラナ科の野菜はアオムシなどのチョウやガの幼虫によく食べられますが、これらを寄せ付けない匂いを発するキク科のレタスやシュンギクとうまく組み合わせると良いでしょう。
11 15