ノクターン 楽譜。

ノクターン2番 Op. さかのぼれば紀元前の古代ギリシアで、恋人のために扉の外で愛を語る歌がうたわれていました(このように歌われる歌は「扉の前で」というジャンルとして存在しました) ノクターンで有名な作曲家としてはまず ショパンが挙げられるでしょう
元々、ノクターン第20番には「アダージョ」という標題がついていたのですが、ブラームスが写譜する際に間違って消してしまい、速度を表す言葉の「Lento con gran espressione(レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ)」だけが残ったので、この言葉がタイトルとして知られるようになりました これは出版元が複数あり、その数だけ監修や校訂した人間が違うために生じたものです
もし、 「この他にもこんな版があるよ~ ですが、ある程度緊張感のようなものは必要です
つまり、ノクターン特有の形式はありません ・ エキエル版 ・ ・ ヘンレ社版 ・ パデレフスキ版 ・ 版 ・ 春秋社 井口基成 ・ 標準版 通常、音大生やプロであれば、先生や師から勧められた版を使用しますが、素人はどういう判断基準で版をを選んだらよいのか分からないので、ついつい安い方に手が伸びるのが本音…なので、 シリーズが売れる
27-2 33小節目の比較 この部分に限らずセクションBでは、とにかく自分なりにどう旋律を鳴らしたいかというイメージを予めしっかり頭に置いておくことが重要です
しかし、私は劇的な変化が少ないところこそ抑揚のつけ方など気をつけるべきだと思います というわけでまず行うべきことは、パッと譜面を見て何となく弾ける気がしない部分や「こんなの絶対に弾けるわけがない」と思う部分を徹底的に洗い出すことです
自由にいろいろな楽しみ方ができるところもこの曲の魅力です そしてこの部分、和音がとても面白い響きだと思いませんか? 一見するとこの不協和音はこの曲には馴染まないのではないかとも思えます
ちなみに左手ですが、基本的に左手は控えめに弾いたほうが右手の旋律が際立ちます そしてこの部分を、当時の私は一生懸命に左手と合わせるために電卓を持ち出して割り算をしていました

この曲ではこのような表記が随所に出てきますので、見落とさないようにしましょう。

もっとわかりやすくざっくりと言ってしまえば『ピカルディの三度』というのは、短調の曲を長調で終わらせるための一つの方法です。

しかし曲として最初に登場したのはセレナーデでした。

ちなみにシレーヌとはギリシャ神話に登場するセイレーンのことです。

しかし、苦手意識が生まれることはむしろ大切なことであると私は思うのです。

4

保存も印刷も自由にできます。

具体的には、ツェルニー30番の後半くらいまでマスター済みの方であれば充分弾けるくらいだと言えます。

この曲は映画「戦場のピアニスト」のオープニングシーンでも使われています。

「ノクターン」と言われてピンと来なくても曲を聴けば、多くの方がどこかで耳にしたことのある曲だと思います。

では楽譜の方を紹介していきます。

よくよく見てみると、スラーの切れ目が以前と少し違っているのです。

何故こんなことになるかというと、そもそも の残した自筆譜が何パターンも存在するからというのが理由の一つ。

注意:カートの中に入っている楽譜が「通常(印刷)楽譜」の場合は「レターパック(封筒での発送)」を選んでください。

緩やかな川の流れのような曲ですが、曲の所々で少し難しい箇所が出てきます。

最近の楽譜のトレンド事情 というものがあるかどうかわかりませんが…(笑) で5年に一度開催されるでは、 ヤン・エキエル編のナショナル・エディション(通称:エキエル版)を使用奨励楽譜としているようですね。

34