本田 雅人。

また大学の名門チーム「」創立メンバーとして活躍し、の第14回に初出場にして最優秀賞を受賞、本田自身も最優秀ソリスト賞に輝いている。

ディスコグラフィ [ ] アルバム [ ] タイトル 発売年 レーベル 品番 B. 二曲目はT-SQUAREの楽曲で、和泉作曲の「宝島」。

同時期に青木の急逝で本田バンドの活動を自粛していたこともありこちらの活動が増える。
交互に弾きあう場面もあるなど、1つ1つの展開が魅力的で、変拍子の楽曲にも関わらず、その波長のあるコンビネーションは圧巻だった。 典型的な相対音感なんです。 また、ライブは前半「 1 本田雅人BAND」と後半「 2 本田雅人B. 両親はそんな僕を見て、こんなにリコーダーを喜んで吹くのなら、もう少しちゃんと楽器らしいのを与えてみようと思ったんでしょう。 そののち、国立音楽大学サクソフォン科に入学し、同期生のサポートを受けてプロミュージシャンとして活動。 また、、とSAX TRIANGLEを結成、この年と2009年にライブを開催している。 Station、University(昭和音楽大学 学校メンバー)、昭和音楽大学ジャズコース・メンバー ゲスト:マリーン(vo)、和泉宏隆(p) <セットリスト> 1. 自己のコンボやビッグ・バンドで精力的に活動するほか、多くのアーティストのレコーディングやアレンジ、プロデュースなど多方面で活躍している。 それにせいぜいキーボードやギターくらいですかね。 脚注 [ ] [] 注釈・出典 [ ]. ! 数小節に渡る超テクニカルなロングフレーズを 最低限のブレスで吹ききるという、とんでも演奏をしょっちゅう披露している。 ただ、今思えば、基本的には音感の部分は、ピアノが常に流れていた小さい頃の環境が自然に育ててくれたんだなと感謝しています。
小学生なんて、面倒くさくて難しい楽器より、簡単に音が出て、楽しく吹ける方が良いに決まってます 同バンドのフロントを飾ると共に、作曲、アレンジの面でも新風を巻き起こす
典型的な相対音感なんです 最初はフルートでした
デイヴィッド・サンボーンの使用楽器として知られ、特に人気が高いモデルだ 山野ビックバンドコンテストに初出場で初優勝、最優秀ソリスト賞も受賞
・配信には最善の準備を行い実施致しますが、生配信の特性上、不慮の一時停止や 映像・音声の乱れ、インターネット回線のトラブルによる公演の一時中断などが 発生する可能性もございます そうしたら次はクラリネットがやってきた
『サックス・マガジン』でライター・デビュー 本田雅人は高校2年の頃以来、フランスセルマーのMark VIIを使い続けてきましたが、4年ほど前からアメセルMark VIに変更しています
2004年には全曲でこの5人が揃った『』をリリースしているが、皮肉にもレコーディングで全員が揃うのはこのアルバムが最後となってしまう 音楽ビジネスを通じてこれからも少しでも多くの人々と音楽の楽しさ・感動を分かち合えたら嬉しいです
Growin'(1998)• 同バンドの2代目フロントマンとしてサックスや()を演奏する 1997年当時の本田の愛車はポルシェと
89