ムーミン キャラクター。

タオル・バス・トイレ• ご自宅でゆっくりコーヒーでも飲みながら、ムーミンの世界に浸ってみませんか?. ムーミンの物語で最初から登場し、物語全体に渡ってよく登場する主要キャラクターの一つである「スニフ」。
その後はムーミンの家に居候していたが、切手をコンプリートして面白くなくなり、代わって植物の標本集めをはじめる(このため胴乱とルーペを持ち歩くようになる)。 他に彼個人かヘムル全般の能力なのかは不明だが、「犬のめそめそを上回る嗅覚を持つ」という説明がある。 トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の彗星』下村隆一訳、講談社、1990年。 世界初! ムーミン結婚指輪の 3つのデザイン• また、角ばった顔と彩色が「(設定では妖精の)ムーミンはカバ」という勘違いの材料の1つだったことも指摘されている。 という結末なのですが、 このお話からも感情をあらわにして自分の思いをぶつけたり、 泣きはらして赤くなった目でムーミンママに愚痴をこぼすスニフは 小さい子どものようでとても愛らしいですね。 ムーミントロールは彼女が以前落とした金のアンクレット(足環)を拾っており、それを渡すことができて喜んだ。 3人家族構成のムーミン一家の中で、ムーミンママはの妻での母です。 肌の色はアニメーション『』では紫だが、アニメーション『』ではグレー。 前者はクニットにモランから助けてもらった場面ぐらいにしか出てこないため詳細は不明、後者は石のコレクターでクロットユールの家(空き缶)の下にある黒くて丸い石を取ろうとしたことがきっかけで彼と知り合い結婚した、その後の展開はクロットユールの項参照 )。 のあとには電圧が上がり、全身がしている。
ムーミンのゲストキャラクター [ ] 1969年版に登場したキャラクター 悪魔 声 - 愛川欽也 第2話登場。 数日後の彗星衝突の危機という事情を知って一緒にムーミン谷の洞窟へ避難するため同行する(以上、『ムーミン谷の彗星』)。 秋も深まり、段々と寒くなってきたこの季節。 これ以外のモブヘムルとして、家具を回収する大きなヘムル(『小さなトロールと大きな洪水』 )、丸い国の王様の家来たちや楽団のヘムル(『ムーミンパパの思い出』)、スナフキンのいたずらで電気人間にされた公園番とそのおかみさん 、貸しボート屋の少し年取ったヘムル、楽団として集まってくれたヘムルの有志達(『ムーミン谷の夏まつり』)、スナフキンからうぐい5匹で竜を捨てに行くことを頼まれた若いヘムル(「世界でいちばんさいごのりゅう 」)、遊園地の経営者やお客のヘムル(「しずかなのがすきなヘムレンさん 」)、クリスマスの準備に忙しいヘムルたち(「もみの木 」冬眠中のムーミン一家をたたき起こした男と、クリスマスの支度をしていたおばさんの2名)などが登場する。 双方ともテレビシリーズのブローアップ版である。 臆病でプレッシャーに弱く、子どもっぽい自己顕示欲がありますが、好奇心旺盛な性格です。 企画 - 瑞鷹エンタープライズ、高橋茂人• 小説『ムーミンパパの思い出』では丸い丘の国の粗末な家に住んでおり、夫はいないが子供が35人以上いる子だくさんの女性。 『ムーミンキャラクター図鑑』シルケ・ハッポネン 著、高橋絵里香 訳、株式会社講談社、2014年、、P35。 を好み、雷が発生する場所にをつくることがある。
33

物語中に登場するヘムルも警察署長や警官、公園の管理人などの職業についているものが多かった(なお、「hemuls man」だと「権威者」「情報提供者」の意味で、「スーパーヘムレン」は「ヘムルらしくない」という意味 )。

ku:nel[クウネル]2007年1月1日。

Vol. 一人称は「わたし」 少年期は「ぼく」。

夢見がちでロマンチスト。

平成アニメ版ではフィリフヨンカに多い赤服ととんがり帽子ではなく、緑のワンピースを着て帽子なしの姿になっている。

冒険日記にも登場する。

ホルトデル 声 - 不明 第11話登場。

旧ムーミンと呼称される。

71