岡山 発砲 事件。

。 森尾会長は六代目山口組ナンバー4のポストである本部長を務め、岸本若頭代行は2次団体の最高幹部に当たる人物だった。 昭和平成と本当の意味でのヤクザ同士の抗争を身をもって経験し、年季を積んだ評価の高い者も意外と今では組内に居場所がなかったりもする。 発砲した犯人の名前や顔画像,年齢や住所 本名 岸本晃生 年齢 52歳 住所 鳥取県米子市 上記の情報は、各メディアの報道によって判明したものです。 そうなれば、被害者側である池田組も本部の使用が禁止され、活動が制限されます」 別の全国紙社会部記者 むしろ、前出の関西の組織関係者は、ヒットマンの狙いは、そこにあったのではないかとも話す。 「4年前に死亡した髙木若頭の事件のときと、まったく同じだ。 「実行犯を出した大同会が本拠を置く鳥取県米子市と、事件のあった岡山市が対象となるでしょう。 その後の警察の捜査が進展し詳細がわかりましたら追記していきます。 同署は暴力団同士の抗争事件とみて、詳しい動機や拳銃の入手経路などを調べる。
35 57