沖 ドキ 撤去 日 延長。

31
当然ほぼ全店舗 利益目的での再導入であることだけは忘れないでください 全日遊連が行う撤去スケジュールの自主規制が正しく遂行される事を前提として、警察庁に国家公安委員会規則を改正してもらったという経緯であろうと推察されているのです
これからもっと出玉が規制される事すら想像できます 沖ドキ!はホールとしては出来る限り確保しておきたい類の稀有なパチスロ機です
今回の措置の対象外となっている高射幸性機以外でも、営業上の柱になっている旧規則機があることから、「1月11日までに撤去できない場合」の意味合いなどに対する問い合わせが相次ぎ、一部の組合では組合員に向けて発出した文書を保留扱いにしていた その筆頭とも言うべき法人グループが沖ドキを再設置しました
4k件のビュー• 全日遊連は11日付の補足説明で、「2021年1月11日までに撤去ができない場合には、2021年1月19日までに、対象となる全ての遊技機を撤去することで誓約書を履行したとみなすこと」としたのは、 年明け最初の入替指定日が、2021年1月19日となる地域が確認されたことを受けての措置であることを繰り返し説明 業界側は当然怒り、設置店舗へ何らかのペナルティを出すという通知や、撤去しろというかなり強い通知を出し続けた
となると、もし今回のようにホール側が独自の判断で全日遊連の定める撤去スケジュールを無視すると言ってしまうと、全日遊連側としては警察庁に対して明確な信義違反をしてしまうという状況に追い込まれると考えられています 2号機でついに規制緩和か!?とすら噂が出たほどに現状の規制緩和は期待されていました
何故そんなことが起きたのか、これを時系列順に追って説明します 業界側は店舗側に沖ドキを含めた高射幸機の『自主規制』、つまり 1年延長はされるけどそれを待たずに優先撤去をしましょうね、という約束です
大前提として、人気のある機種だからというのが挙げられます やっと撤去されるので今年の年間ワースト台は何になるのかなと思っていましたが まさかのまたも ランクインする可能性が出てきてしまいました
時系列5、ライバル店に設置してあり、ペナルティがないと知り大量の再設置に発展 当然人気機種であり、しかも他店ではもう 2度と打てないと思っていた沖ドキがまた打てるとあれば沖ドキ好きは集まります やハナビなど、旧規則のパチスロ機の設置期限が2021年1月11日まで延長されることになりました
その他にも撤去を拒んだホールや再設置するホールは他にもあります 上記系列と結びつけるものではありませんが、沖ドキを再設置するどこぞの店舗の言い分としては「約束通りハズシたからその後どうしようと勝手」というものらしい とは言え、ほとんどのホールは現在の人気機種であるジャグラーシリーズや 番長3、まどマギ2を撤去することになるため、その分の利益を 他で確保しなければならない