地震 予知 予言。

11の本震は、横浜市では震度3~5弱で、家屋全壊のような大きな被害は見られなかった。 されるそう。 そして、毎月「11」日は筆者も滅亡警戒デーとして意識してきた。 水にご縁が深い御神木なのだ。 黒井: 見ろ。 大事なことは、たとえ悲観的な未来でも、無駄に恐れず、粛々と受け止め、かつ備え、あくまで日々の勤めに専念することではないでしょうか。 「予言 未来予知」 スピリチュアルカウンセリング MEDIUM 除霊 霊能者 「列車事故が起こる。 俺にも現実を受け止める時間がもう少し必要だ。
37

これは確かに「偶然」では説明がつかないレベルの一致で、私も驚きました。

仮にこのようなことが21年の8月に起きるとしたら、「2022年の東京に異常に人が少ない理由」も、説明がつくというものです。

御神木らしく民家を避けるように倒れ、奇跡的に人的被害も出なかった。

その後も水不足に悩まされた村人が願掛けをすると、今度は黒蛇が現れて大杉の根本に消え、さらにたくさんの水がわく泉が現れたという。

そこで音声通話以外の連絡手段も覚えておきましょう。

71