ユーカリ 育て 方。

定期的な剪定が大切 枝の一部をカットし、全体の形を整えて風通しをよくする作業を『剪定(せんてい)』といいます。

多少手入れを怠っても元気に育ちますので、ガーデニングの初心者にもピッタリですね。

暑さと寒さにも強いです。

【ユーカリ 苗】 植えつけ場所の準備 誤読して枯らす原因となりがちなのが、「乾燥気味な環境を好む」との記載を「水やりを控え目にする」と考えてしまう事です。

一方で、日本の寒さに耐えることができるユーカリも多く、路地や山村には植えられたユーカリが大きく成長しています。

ユーカリの室内での育て方 ユーカリは日差しの強い地域で自生している植物なので、日当たりが悪いと育ちも悪くなります。

準備段階における二つのポイントを紹介します。

24

剪定する枝は、内側に伸びているものや絡まっているもの、伸びすぎている物を付け根からバッサリと切り落としましょう。

ユーカリの挿し木は根付きにくいので、多めに挿し木する必要があります。

『シルバーリーフ』と呼ばれる銀がかった緑色の葉が特徴的で、見た目のおしゃれさから女性人気が高いようです。

伝染するため、早急に病変部位を取り除き、「 カリグリーン」や「 トップジンMスプレー」を使用します。

どちらかと言うとアルカリ性の土壌を好むと言われています。

ハダニはクモの仲間で白い糸が絡まっていたり、葉っぱの色がところどころ抜けていたらコレ。

土壌酸度:市販の山野草用培養土などを使用します。

暑さには強いですが、冬はなるべく-5度以上で管理してください。

ユーカリの育て方 実践編 ユーカリは比較的育てやすい植物ですが、基本的な育て方を把握していないと枯らしてしまうこともあります。

健康に育成して楽しんで下さい。

19