まっしぐら 漢字。

突然ですが、みなさんは "難読漢字" と聞いて、どんな漢字を思い浮かべますか? 例えば… こういうものじゃないでしょうか? …私は、上に挙げたような漢字が、難読漢字の中でもテレビや雑誌などで頻繁に出題されるような、 ある程度ポピュラー(ベタ)な難読漢字だと思うのです。
(『狂言記』巻三) そして犬の「びよ」あるいは「びょう」「べう」と表記される鳴き声は、江戸中期までよく使われていたそうです。 (古くは「まっしくら」か)「ましぐら」の変化した語 ((語源))(1)シクはスグの転。 なお、この本に先立って1989年に出された 『ちんちん千鳥のなく声は~日本人が聴いた鳥の声』も、8月25日の日経新聞Sunday Nikkei 『半歩後れの読書術』で奥本大三郎さんが紹介しています。 9 (水位を高める意から、自動詞的に用いて)潮が満ちてくる。 4 (返上する意から)ある場所に出入りすることや、ある資格を持つことを断る。 「邁進」の「邁」は「二点しんにょう」に「萬(まん)」が入った言葉ですが、読み方は「まい」となり、「進」を後ろにつけて「邁進=まいしん」と書きます。 7 屋敷などに奉公にやる。 5 (貴人の膳を)取り下げる。 そしてそれよりも、感じ方ではなく、「犬の鳴き方そのものが違っていた」という話も、とても面白く感じました。 (日経と産経は、記事が見当たりませんでした。
81

上の方で結ぶ。

おおあめ」 「霈」 【音】ハイ 【訓】おおあめ 『漢検 漢字辞典 第二版』より引用 霈然(はいぜん)…… 水が勢いよく流れるさま。

これらの意味より「邁進」という言葉は、「恐れることなく突き進むこと」「ひるむことなく突き進むこと」「まっしぐらに進んでいく」「元気よく、ひたすら目的に向かって進むこと」「どんなことにぶつかっても、恐れないで進むこと」ものとなり、 「邁進」の意味は、より突き進んでいくという強い意味を指し、目的に向かって迷いなく一生懸命に進むことを表しています。

広く知られるようにする。

鳴かざなるまい。

「浮揚」 (イ) さかんになる。

雨がさかんに降るさま。

99

社会人になって間もない場合は、右も左もわからないこともあるでしょう。

6 都へ向かって行かせる。

まとめ 「驀」の画数・部首・書き順・読み方・意味について、もう一度おさらいする。

でも英語だと「ロミオ」でイタリア語だと「ロメオ」のような気もするなあ。

称揚する。

あるいは、船の遊女を陸に招きあげる意からか。

例としては、 引き揚げる・・・外国から(故国・故郷へ)~、軍隊を~、沈没船を~ 引き上げる・・・給料を~、価格を~、金利を~ (『ことばのハンドブック』P154、『新用字用語辞典』P464参照) が載っていました。

スペルは「Romeo」です。

83