小泉 進次郎 名言。

小泉進次郎構文を使ってみたいけどまだ理解できてない。 」 Q. 具体的には? 小泉進次郎氏 「30年後は何歳かなと、発災直後から考えていた。 反省という言葉を使いすぎて、自分でもよく分からなくなってるのでは?と思うほどですね。 見つかったのは富山県消費者協会・富山県消費生活研究グループ連絡協議会が、2019年12月に県内在住者に対して紙面調査法で実施したです(1910人に配布、1687人が回答)。 少しでもボクのメッセージが伝わるようにより良い選挙のあり方があると思って、毎回工夫をしています。
53

マスコミの切り取り方にも問題? 小泉進次郎さんは独特な節回しですね。

ですが、一部メディアから 環境問題に対して配慮がないと批判されてしまいます。

レジ袋はゴミ捨てにかかせず便利で有用です。

シルエットが浮かんできたんです」 こちら、手を動かすジェスチャーも入っていたことから、高得点の迷言となっています。

なぜなら白い壁だからです。

やっぱりステーキ食べたいですね」(小泉進次郎 環境相、22日) 記 者「ステーキはいつ?」 小泉氏「毎日でも食べたいね」(小泉進次郎 環境相、22日) ・・・2日後・・・ 記 者「温室効果ガスを削減するという環境省のトップとして、大臣としてどういうふうにお考えですか?毎日でも食べたいとおっしゃっていたことと。

強く反省しているということは、しっかりと伝わってきていますよ。

しかし、キャッチーな発言とは裏腹に、具体的な政策について質問されると、明確に答えないことから、 「中身がない」「薄っぺらい」との批判を呼び、しまいには、小泉進次郎衆議院議員の発言が ポエム呼ばわりされています。

12
そのなかで、今回話題になってるスプーンの話がなんで出てきたかって言うと、使い捨てプラスチックを無料で、大量に使っている業界に対して、『使い捨てプラスチックを減らしましょう』というなかで出てきた業界が、まさにコンビニとか、あとはホテル、それと旅館、こういったところで使われているアメニティってありますよね? 剃刀の柄がプラスチックだったり、歯ブラシもそうですし、例えば綿棒の軸がプラスチックだったりする。 こちらの発言は、 2019年9月17日の観光相としての記者会見で行われた福島第一原発の除汚廃棄物問題について語られた時の内容ですね。 ただこれは私の問題だと思うが 反省していると言いながら、 反省している色が見えないと言う指摘には、私自身の問題と 反省している」 2020年2月に行われた新型コロナウィルス感染症の対策会議に欠席し、地元の新年会に参加した時の釈明答弁です。 で、まさかなんか石油の色もニオイもないじゃないですか。 抑え「私たち若い世代が一生懸命にならなきゃダメなんです。