バンドン 会議。

「この会議の主催者から、出席の案内が来た。 スカルノはラジオをとおして、繰返し繰返し日本がインドネシアに与えた永久独立の約束を人々の頭に植え付けた。 Parker, "Small Victory, Missed Chance" 2006 , p. A: 「開発」の時代のASEANでは、民主化や人権等の価値は、反共と安定という最優先課題の前に、脇に置くことも可能でしたが、現在ではそうもいきません。 13 May 2012 at the , Daily News,• 平和国家としての日本の指導的地位はバンドン会議の最初の主張から変わることはない。 However, the administration issued a series of statements during the lead-up to the Conference. その宣言がなかったら、あるいは日本がアジアのために犠牲を払 って戦っていなかったら、我々は依然としてイギリスの植民地・オランダの植 民地・フランスの植民地のままだった。 その点スカルノは、軽快でダイナミックで、すばらしい演説もくわわって、人をひきつける力があった。 第1に、日米同盟を堅持・適切に強化し、力の真空を生まないことです。 427• 30カ国が招待されていたが、中部アフリカのは国内の情勢不安定のために参加できず、29カ国の参加で開催された。
27 34

それでも経済大国である日本との関係を守らなければいけない多くの参加国は、なかなか文句が言える立場にはない。

いやこれは、独裁ではなく、『指導された民主主義』とよばれていいものである。

その翌年、日本は晴れて国連に加盟して、私は初代国連大使になりました。

夜になると両親につれられて、よく ジャワ地方の名物である影絵芝居を、見にいったものである。

東亜諸国は、相互に自主独立を尊重し、互いに助け合い、東亜諸国の親睦を確立します。

しかし、その精神は9月に開催された第1回に引き継がれたと言える。

この国のゆたかな資源はみんな、オランダにもっていかれ、インドネシアの住民たちは、教育の機会も金をもうける機会もあたえられず、奴隷のようにこきつかわれている。

The Bandung Conference reflected what the organizers regarded as a reluctance by the Western powers to consult with them on decisions affecting Asia in a setting of tensions; their concern over tension between the and the United States; their desire to lay firmer foundations for China's peace relations with themselves and the West; their opposition to colonialism, especially French influence in North Africa and its colonial rule in ; and Indonesia's desire to promote its case in the with the. In January 1955 the US formed a "Working Group on the Afro-Asian Conference" which included the OCB , the OIR , the , the , the CIA , and the USIA. こうなると世界の意見は、インドネシア側に味方するようになった。

ましてや平和十原則などを継承されれば、それに違反していそうなのは中国なのです。

その人たちは中国とかインドとか、そのほか人々が聞いたこともないような、あるいはとっくに忘れさってしまったような小さな国々からやってきた人たちではあったが、世界の人口のおよそ半分を占める人々を代表する人たちでもあった。

70