膵癌 ガイドライン。

SLX• これらの報告はすべて術後生存期間に差はなく,術後合併症率も拡大郭清群で有意に多いとの結果であった
16) Yilmaz S, Kirimlioglu V, Katz DA, et al. 5) John TG, Wright A, Allan PL, et al. Clin Gastroenterol Hepatol 2006;4:1265-1270. 遺伝性膵炎は,「同一家系に2 世代以上にわたり複数の膵炎患者がいて,若年発症で胆石やアルコールの関与がない膵炎」と定義される Carcinoma of the head of the pancreas. C 消化管閉塞をきたした切除不能膵癌に対して外科的胃空腸吻合術と消化管ステント挿入術のどちらが推奨されるか? 現時点で外科的胃空腸吻合術と消化管ステント挿入術の優劣は明らかではない
切除可能 - 癌が膵臓周囲に限局しており、重要な血管への浸潤や遠隔転移がない段階 5) Lei S, Kini J, Kim K, et al. 今後,通常型膵癌の発生を念頭においた膵IPMNの経過観察の体制構築が必要であろう
胆管・膵管を描出するMRCP画像では膵管の不整や狭窄、途絶を評価できる Outcomes of adjuvant chemoradiation after pancreaticoduodenectomy with mesenterico-portal vein resection for adenocarcinoma of the pancreas. 超音波内視鏡は腹部超音波検査やCT などで腫瘤を捉えることが困難な病変に対しても有用である( グレードC1)
Estimating the relative risk of pancreatic cancer associated with exposure agents in job title data in a hierarchical Bayesian meta-analysis. 9) Taylor MC, McLeod RS, Langer B. 2) 終末期がん患者の輸液療法に関するガイドライン2013 年版.日本緩和医療学会緩和医療ガイドラ イン委員会編,金原出版,2013. Intrasurgical pancreas cytology. A prospective randomized trial comparing standard pancreatoduodenectomy with pancreatoduodenectomy with extended lymphadenectomy in resectable pancreatic head adenocarcinoma. FOLFIRINOX療法不応膵癌に対する二次化学療法として,観察研究ではあるがゲムシタビン塩酸塩+ナブパクリタキセル併用療法の有用性を示唆する論文が出されている13) 小さい膵癌では,これらの検査を駆使しても現在の画像解析能力では腫瘤の描出が困難なことも多い
6) Shepherd HA, Royle G, Ross AP, et al. が比較的軽微であるのが特徴で、他の抗癌療法との併用も行われている 9) 山川正規,村田育夫,山尾拓史,他.膵癌症例における膵癌危険因子の検討.膵臓 2003;18:479-488. Risk factors of familial pancreatic cancer in Japan:current smoking and recent onset of diabetes. Prospective evaluation of the contribution of K-ras mutational analysis and CA 19. 膵内分泌腫瘍 - 内分泌腺(ランゲルハンス島)に由来し、約8割が何らかのを産生する
Effect of insulin-like growth factor gene polymorphisms alone or in interaction with diabetes on the risk of pancreatic cancer. 今後,患者の検査負担,費用対効果,X 線被爆の問題を考慮した長期的な戦略の確立を目指した大規模な前向き研究が望まれる この際,腫瘍マーカーが早期の膵癌では異常値を示さないことが多いことに留意が必要である
Detection of K-ras mutations in the plasma DNA of pancreatic cancer patients. わが国ではこれまでS-1単独療法がゲムシタビン塩酸塩不応膵癌に対する実質的な暫定的標準治療であった 10) Iacono C, Accordini S, Bortolasi L, et al. Magnetic resonance imaging surveillance detects early- stage pancreatic cancer in carriers of a p16-Leiden mutation. Scand J Work Environ Health 2007;33:325-335. Importance of age of onset in pancreatic cancer kindreds. Hepatogastroenterology 1993;40:426-429. US-FNA およびCT-FNA の適応は画像診断で膵癌が疑われる膵腫瘤性病変であり,良悪性の鑑別を目的に施行される
74 20
14) Croome KP, Jayaraman S, Schlachta CM. Adiposity, physical activity, and pancreatic cancer in the National Institutes of Health-AARP Diet and Health Cohort. 喫煙による膵癌のハザード比は1. Radical pancreatectomy for ductal cell carcinoma of the head of the pancreas. 16) Gebhardt C, Meyer W, Reichel M, et al. 膵癌の発生リスクは53~87倍と高く,発症年齢も若い 18,19)。 癌はいずれの組織からも発生しうるが、それぞれ全く異なる性質を示す腫瘍となる。 GEM単独療法:5-FU単独療法との比較で優越性を示した。 鏡視下手術でのバイパスや新規ステントの開発・改善などが進んでいるため,信頼度の高いRCT を行い,問題を整理していく必要がある。 27) Iodice S, Gandini S, Maisonneuve P, et al. 『NCCNガイドライン』(2012年版)ではtumors considered borderline resectable として,上記のように定義している。 S-1単独療法(GEST試験):GEM単独療法との比較で非劣性を示した。 2021年7月22日 17:00まで参加申込受付中です。