サイエンス ダイエット。

グラン・デリ (63)• ペティオ (326)• また、コーングルテンとは、トウモロコシの搾りカスのことです。 日本で非常に根強い人気を誇るペットフードメーカーと言えば「ヒルズ」。 商品名には「ダイエット」とありますが、肥満を抑制するためではなく、健康維持を目的としたドッグフード。 ちなみに、サイエンスダイエットには合成保存料や酸化防止剤(BHAやBHTなど)が使われていません。 獣医さんのおすすめ• 猫は人間とは体のつくりが違うのです。
68

小さな口の超小型犬や、歯が弱っていて噛み砕きが苦手なワンちゃんでも楽に食べることができるよう、従来の小粒サイズより更に小さく作られた「超小粒」や、13歳以上の超高齢犬向けに、老化とともに弱ってくる関節や骨を重点的にサポートする栄養素(グルコサミンやコンドロイチン)が豊富に含まれていたり、腎臓の健康維持をサポートするため、ナトリウムとリンの量が再調整された「シニアアドバンスド」など、非常に珍しい製品が用意されています。

シリーズによって粒のサイズが違うため、間違えないように気をつけています。

飼い主がしっかり選んであげることが大事 大手のフードだからと言って100%安心できるわけではないということですね・・・ 猫ちゃんの健康に関わることなので、消費者である私たちも完全に信じ切るのではなく、しっかりと見極めてフードを選ぶ必要があります。

コストパフォーマンス 1日あたりの給与コストは特別高くも安くもなく、標準的です。

元々アレルギー持ちの猫ちゃんはもちろん、健康な猫でもいつアレルギー体質になってしまうかわかりません。

今回は10kgの犬を想定して計算したため、体の小さい小型犬であればさらにコストを抑えられるでしょう。

大手ペットフードメーカーといえど、独自の製造工場で製造しているわけではなく、製造会社に委託して行っていることが多いそうです。

サイエンス・ダイエットでは、小型犬用フードは第一主原料が肉となっています。

食いつきが良い• また、高品質な自然素材を原材料に使用して消化性を高めることで、お腹にやさしい作りとなっています。

消化に悪く便秘の原因になることも。

82