ボート レース 鳴門 ライブ。

81

全国の競艇場と比べてみると規模が小さいことが特徴で、SGなど大きな大会は長年行われていませんでした。

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)の水面に注目! 海を利用しているので水質は海水となっており、水は柔らかいのですが、干満差に注意しましょう。

そんなボートレース鳴門(鳴門競艇場)も近年遂にリニューアルされ、 1マークのバック幅は80mにまで増大したので「まくり」も決まりやすくなり、よりレース展開が見ごたえのあるものになりました。

第一ターンマークに波がたまって水面が荒れる特徴があるのでそのため、 「イン」や「差し」が決まりやすいコースとなっています。

また、 石野貴之選手が「SGオーシャンカップ(OC)」2連覇を達成していますので、今年瓜生正義選手にも期待が寄せられます。

2016年にはスタンドの増強を行い、会場の売り上げUPと共に「SG開催」も果たし、2018年から場内での撮影が可能になり、ますます勢いに乗っている競艇場(ボートレース場)となっています。

ボートレース鳴門(鳴門競艇場)ってどんなところ? ボートレース鳴門(鳴門競艇場)は徳島県鳴門市にあります。

季節によって変化する風にも注目で、 夏は「向かい風」が強く吹くので、サイドがかかりやすい「まくり艇」のまくりが決まりやすく、冬は反対に「追い風」が強く吹きます。

37