ホークス 対 ラプターズ。

さらに、オフで獲得したオニールも、ととのトレードで、とともにヒートに放出された 新任のHCは、来るプレーオフに備え、ロード・マネジメントとしてレナードを時々休ませる方針を取った(82試合中60試合出場)
しかし蓋を開けてみれば、スタウダマイアーは1試合平均19. 2008-09シーズン前には、フォードやらをに放出し、見返りにを獲得 いろんな意味でそう思っています)」と話すウエスト氏
ただしドリブルドライブやカットでボールを受けゴール周辺までで勝負するオフェンスの機会がないまま7試合ぶりに無得点だったこともあり、ニック・ナースHCがこのところチーム全体に関してよく話しているアグレッシブさと安定感の不足という点では微妙な結果とも思える ところが、シーズン途中にボッシュやフォードを怪我で欠いたり、課題のディフェンス面に向上が見られなかったりという要因が重なり、前年度を下回る5割ちょうどの勝率でシーズンを終了する
このトレードでラプターズはらを獲得したものの、そのモーニングはラプターズでのプレーを拒否したために直ぐ様契約を解消するなどメリットは無きに等しく、結果的にカーターを失っただけに終わったため、 NBA史上最悪のトレードと酷評された)以降、チームはボッシュやを中心に再建を進めることに :2006-2009• 月額1,430円(税込)で、ラプターズのレギュラーシーズンとプレイイントーナメント以降全ての試合が視聴可能になるんです
:2001-2002 50• 日本時間3月12日(現地11日)午前9時30分、フロリダ州タンパのアマリー・アリーナでトロント・ラプターズとアトランタ・ホークスが対戦する 2リバウンド
両チームともに決定的なリードを奪えないまま試合は進み、残り4. ラプターズは直近では、対ホークス戦前日に208cmのフォワード・センター、ヘンリー・エレンソンと10日間契約を結んでおり、期待できる人材に機会を与える方向にあることをうかがわせている 683 1回戦勝利 カンファレンス準決勝勝利 カンファレンス決勝敗退 ラプターズ 4, 3 ラプターズ 4, 3 4, ラプターズ 2 51 31. チームも好調を維持し、2018年3月7日に行われた戦での勝利により、今季リーグで最も早くプレーオフ進出を決めたチームとなった
63
昨シーズンは中断もありましたが、NBA20-2021が始まりましたね! 日本人NBA選手の渡邊雄太がいるラプターズに注目が集まっているのではないでしょうか? そこで今回は、NBA2020-21シーズンにおけるトロント・ラプターズの全試合日程を日本時間で一覧にしてみました! 結論からいうと• :2005-2006• 今のリーグの試合だけでなく、あの「コービー・ブライアント」などのレジェンドたちの対決も視聴できちゃうんです! 少し前レベルでなく、遡ること1980年代から見れるんですよ。 ボッシュの時代 [ ] 2004年トレード後は, がチームの顔となった 再起を図るチームは、全体4位指名権を得たでパワーフォワードのを指名する。 オールスターゲームも終わり、NBAのレギュラーシーズンもいよいよ後半戦に突入しましたね! ここからはプレーオフに向けて試合がさらにアツくなり、1試合1試合がプレーインやプレーオフ出場権を得るうえで大事になっていきます。 また、64試合目でのプレーオフ進出決定は新たなチーム記録になった。 ウィザーズは2日前に、リーグトップのユタ・ジャズをアウェイで撃破し、勢いがついてきていることもあり、ポストシーズンをにらむ立場では一つも負けられない状態と言ってよいだろう。 これまでをまとめると、• 外部リンク [ ]• 【トロント・ラプターズの試合日程(日本時間)】• 要はそれほどまでに、当時バスケットボールファンの間で強い存在感を誇るアイコンだったのだ。 以下がそのやりとりだ。
63

オンでは真剣にプレーして、オフではお茶目な一面も見せてカッコいいな~。

2021年2月13日 土 09:30 ラプターズ対セルティックス• ラプターズはオールスター・ブレイク直前にチーム内で新型コロナウイルスの陽性者が見つかり、現在もその影響が尾を引いている。

:1999—2001 2000年代 プレイオフ進出:4回• :2006-2008• さらに、こんなお茶目な一面も…。

渡邊は16分54秒プレーし、3月11日の対アトランタ・ホークス戦以来10試合ぶり(出場しなかった試合を含めると15試合ぶり)となる3Pショット成功を含め、フィールドゴール3本すべてを成功させて7得点を記録したほか、2リバウンド、1アシスト、1スティールと攻守両面で価値ある貢献をもたらした。

一方で、が守備的なポイントガードへと成長し、の活躍で攻撃力もアップした。

デローザンはこの試合により、、に次いでチーム史上3人目の1試合50得点以上を記録した選手となった(それまでの1試合最多得点はカーター、ロスの51得点 )。