俺 ガイル ss アンチ 葉山。

2016年08月01日 04:00• 比企谷小町 アンチ つまり海老名さんの気持ちも考えず海老名さんを陥れる為の共犯を俺と雪ノ下雪乃にさせようとしたと言うことになります。 でもまあその、お土産に天丼弁当を二つくらい貰ってあげてもいいわ」 八幡「お前本当に雪ノ下かっ」 雪乃「ふふ、失望した?ぽりぽり」 余った漬物をかじりお茶を飲みながら言葉を返す。 (14)• 八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク 身長は原作者曰く175cmくらい。 174• これは君に架せられた試練だ。 雪乃が八幡は自分と同じじゃなかったって言ってるし、自分でも自分の弱さというか依存体質というか、問題点は薄々自覚しているんだろうな。 比企谷小町「お兄ちゃんに本気を出させたらどうなるか」 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 八幡「あ、あれは…………」陽乃「」テクテクテク 気持ち悪い」 陽乃「もー、比企谷くんはつれないなー………ん?」 八幡「な、なんですか。 18 意識がしっかりとしない中 顔を真っ赤にして抵抗する八幡 葉山「とにかく。 これから先…いえ、これからも末永く宜しくお願い致しますわ」 葉山父「雪ノ下さん、そんなかしこまらなくても…昔からの付き合いじゃないですか」 雪乃「…」 私の前で繰り広げられている会話は私のこの先の人生を決定付ける話だった。 生徒会のことなんですけど………」ガラッ 八幡「ちょうど一色みたいな体が一番好み………」 いろは「………………」 八幡「………………」 陽乃「帰る」 雪乃「帰りましょう」 結衣「帰ろっか」 この後めちゃくちゃムニュモニュした。 おい? 何時もの、い・ろ・は・す~はどうしたよ?• お前だってそうだろうが?」 雪乃「今の私…?何してるか知りたい…?」 八幡「いいや、別に…まあ話してくれるのなら聞くけどな」 雪乃「笑わない?」 八幡「笑えば罵倒してくるだろうがお前は」 雪乃「ふふ、解れば宜しい」 八幡「で?」 雪乃「コンビ…ニ…」 八幡「は?」 雪乃「今コンビニでバイトしながら一人暮らししてるのよ…」 うっわー私自分にとどめさしたー! ほら!笑いなさい君!私今貴方よりゴミなのよ! きっとドン引きして私と距離を置きたがるに違いないわ! でもこれが現実。
52

胸がなだらかな子なら、海老名たんもワンチャンあると思うんだ。

え?いきなり意味不明な話になってるんだけど 弁護士がどうとか許嫁とか結婚の話なんかあった? アニメではほぼ触れてないけど、原作ではそういう事を匂わせるシーンが有ったんだよ。

葉山・雪乃の進路については 外国の大学進学決定ずみなんだろーなと おそらく一緒だろ 葉山:「理系ではない」 平塚:「留学進路もある」「葉山は早期に進路提出していた」 雪乃:「文系と言う事になってる」 さすがにこれだけ並べられてこれ以外やられるとちょっと…という感じ なるほど…何となく人間関係は分かったが これアニメだけだとキャラの真意とかわからないね。

あんなことをさせてしまったのに、どうしようもなく好きなのだと実感してしまう。

そして葉山の文系選択は、雪乃陽乃と葉山の間で結婚って話があったんでしょう。

好きな人を待つ時間が楽しい、というやつだ。

決定に背くことは出来ない。

35 葉山「ああ!!!もうじれったいなぁ!!!」 そういうと葉山は八幡の服を強引に脱がしていく。

30 31