富士見 産婦 人 科 病院 事件。

何千万円の慰謝料をブンどったときより、弁護士費用が高くなるということを知った。
さらに所沢医師会は「北野理事長やほかの医師は医師会員ではないので、追及することはしない」と逃げ腰であった 私がこのような無駄なお金をあちこちに支払ってしまったのは、私が結婚して間もなくから海外で暮らして世間を知らなかったことと
本職だけでなく それほど混乱していたということだったのかしら?) 私は紹介してくれた市民運動家に、弁護士の苦情は言わなかった
ゴミ箱を抱えながら その人は言った 摘発後の9月20日、患者たちは所沢市内で「富士見産婦人科病院被害者同盟」を結成
手術後 間もなく、部屋の世話をする係の女性が、ゴミ箱のゴミを捨てに来た 国や県の責任は問わずに、経営者側は破産者となり、元勤務医だけが実質的に責任を負わされるのは不当」とした
今なら、その期間に どれほど私が自分を責め 傷ついたか、あの弁護士にちゃんと向かい合って伝えることができると思う 手術までに、私なりの葛藤はあった
93