人形 の 家 イプセン。

「伝統的ないつも通りの演出」には飽きている人ばかりなので、新しい解釈で、時にはストーリーの流れに爆弾を打ち込んだかのような「サプライズ」が演出側は求められてきます。

それを間違ひなくすませて行かうとすると實に骨ですよ。 夫ヘルメルはノーラのことを「僕のかわいいヒバリさん」と呼び、猫かわいがりする。 とくにヘルメルのように夫に社会的地位がある場合、その傾向が強いのではないでしょうか。 私のことも考へて下さい、私のいふことに逆つてはなりませんてね。 イプセン作品集は人間の葛藤やノルウェーという国の背景を理解するには格好の教科書かもしれません。
82 80