進撃の巨人 考察 アース。

ハンジ達と行動を共にしていたニック司祭は、壁の秘密を話す決定権を持つ人物の存在としてクリスタの名を挙げる。

そんな折、ヒィズル国からキヨミたちがパラディ島の資源を求めて訪れるが、商談を進める中でパラディ島が政治バランスの錘として孤立させられていることが明らかとなる。

襲ってくる巨人を立体機動で避けるリヴァイですが、普通の巨人とは速さが別格で苦戦します。 ある銃器設計者の老人によってを使ったリボルバー銃なども開発されたが、王室への脅威とみなされ世に出ることはなかった。 ベルトルト、ライナー、アニの出身地とされていた。 仮に渡れたとしても、海からシガンシナまで歩かなきゃならないし、1人で自給自足で3年隠れ住むとかすごすぎるでしょ…… まあ普通に考えると、まずはエレンの首をどっかにを隠してアルミン達と合流。 エレンを信奉する調査兵団の兵士を中心に結成された。
42
第104期訓練兵団10席 これは巨人が人間が密集している場所に惹かれて来る習性があることから、それを利用して巨人をおびき寄せて的を絞り、壁を警備するコストを抑えることが目的
突如現れた、壁を超える巨体を持つ「超大型巨人」によってシガンシナ区の扉が破られ、巨人の群れが壁内に侵入する 正式な国号は不明だが、ライナーは95話で「英雄国マーレ」と呼んでいる
独自の技術発展を遂げている壁内と違い、現実に近いを達成しており、や、、、、などの機械がすでに実用化されている また、両手が塞がってしまう関係上、操作装置はの柄を兼ねる(後述)
さらに第二弾として2021年3月には「リヴァイ兵長の銅像」がJR前に設置 劇中ではスラバ要塞の警護に当たっており、マーレ軍は高い機動力を誇る「顎の巨人」「車力の巨人」はおろか、重装甲の「鎧の巨人」の投入すらためらうほどの脅威を感じていたが、ガビの結束手榴弾を使用した戦術により、その実力を発揮すること無く転覆脱線してしまう
戦死率の高さから慢性的な人材不足が続いており、常に新しい兵士を求めている アースです
この壁の中に永久に争いのない世界をつくろう 座標 壁外から来た勢力(マーレの戦士=ライナーやベルトルト達)が奪取を狙っているもので、「始祖の巨人」を言い換えたもの
獣の巨人の投擲が続く中、ライナーは鎧の巨人になり、獣の巨人に突撃します サシャの出身地であり、少数派の狩人達が暮らしている
44

小振り故の高い機動力を持ち、強靭な顎と爪で硬質化を含めあらゆるものを砕くことができる。

幼い頃の狩猟生活で得た弓術、天性の勘の良さと五感に優れている。

生活様式は以前のに近く、、航空機、コンピュータなどの現代的な技術は存在しないが、やを基準としたが整備されており、圧力機器や刀剣類の製造に関しては産業革命時よりも進歩しているなど、現実の工業の進歩とは違う面がある。

巨人化したロッド・レイスが侵攻し、掃討作戦が行われた。

しかし145代フリッツ王により「不戦の契り」が交わされ、「王家血統者は始祖の巨人の能力を発揮できない」状態となりました。

そのため平地での交戦は回避することが前提とされている。

壁上固定砲は、壁の上に設置され、真下に群がる巨人を撃退する能力を持つ駐屯兵団の主力兵器。

72