ゲイリー バスター ホームズ。

その後、北島組を襲撃した際に郷田や神室町ヒルズで桐生と再会するが、すぐに姿を晦ます。

2極に登場 飲みニケーション(宴会トークを20種類以上発動させた) 「宴会トーク」とは飲食店で特定のメニューを注文した時に発生する会話イベントのこと
組長:• 当時の堂島組二次団体の「脅し」部門を担当し、優れた情報収集能力によって、東城会や神室町界隈の動向を事細かく探り、堂島組の得になる強請や脅迫のネタを仕入れていた でも、『龍が如く』のよさは、それ以外のキャラクターの個性が際立っているところにもあるわけで
バトルを終えるごとに、そのままバトルを続けるか、地上に帰るか選択できる 死の直前に桐生に託した、彼女である風俗嬢アケミに贈るはずだった指輪も、ある種ベタな展開ゆえにリアリティーがあり、彼の死を強烈に痛感させられた
ゾンビ騒動に紛れてル・マルシェで強盗事件 を起こし隔離エリアに逃げ込み、桐生達を手下諸共始末させようとするも失敗して身元が割れてしまう 4に登場
弱点は腹部にあるが、這って腹を隠すかのように移動しているため当てづらい 森崎…組員
機動隊員• プロデューサー - 馬場保仁• 主な構成員 若頭: 若衆:安村光雄 ONLINE及び7に登場した元東城会系三次団体 組長:松金貢• 銃撃を加えることで外殻を剥がすことができ、本体は非常に脆い
登場する敵 [ ] 一般ゾンビ [ ] 「タナトス」に感染してゾンビ化した神室町の住民達 幅広い趣味(10種類以上のプレイスポットで遊んだ) マップ上のピンクのコントローラーアイコンがプレイスポット
同じ問題が繰り返し出題されるので、とりあえず挑戦してみて試験に歯が立たなくても問題ない のみが弾数無限となっており、その他の銃器に関しては弾薬を補充する必要がある
高速に町中を走り回る派生型も存在する その後、神室町の惨状を知り、元は両親が撒いた種 としてこのゾンビ騒動を止めるために桐生達に協力を依頼し、彼らに「指令」や「特務」を提示した上で自身も報酬として様々なアイテムを提供する
86
転職しがちな集団(バトル参加メンバー4人全員が元々のジョブから転職したジョブでバトルを行い、勝利した) 読んで字の如し 親殺し、風間のおやっさんへの義理、錦山との友情、由美への想い……さまざまなものを飲み込みつつ、逮捕を待つ桐生の表情はなんとも複雑で、初プレイ時は 「ゲームでこんなにも奥行きのある心情表現ができるのか……!」と鳥肌が立つほど驚いたことを覚えています
ステッカー」を同梱することと売り上げの一部をの東日本大震災義援金として寄付することも併せて発表された 二代目代行:二井原隆• 他の上昇要素と比べて資格試験は上昇率が圧倒的
会話に加わる仲間が戦闘パーティに入っていなくても問題ない ゾンビに襲われていたが、マンホールに落ちて助かった
その後、舎弟から地下駐車場に取り残されているとの連絡が入り、龍司と共に現場に駆けつけて見事に救出したが、舎弟の口からまだであることをバラされてしまう …若衆
使用武器は軽量タイプのハンドガンで、親密度が低い状態で体力が少なくなるとパニックになって言う事を聞かなくなる 岩石に腕が生えたような外見で転がりながら移動し、転がりでの突進や腕の振りまわしで攻撃する
渋澤組 組長:渋澤啓司 0当時、東城会の中で最大勢力だった堂島組の『三大若頭補佐』と称された一人 渋澤が率いていた組 普通のゾンビとは違い、友好的な性格で、噛みつくなど襲うことはないが、あまり喋ることはできないため、身振りで意思表示をする
1終盤で嶋野が死亡した後、残った構成員の殆どは錦山組に吸収され、消滅した 「タナトス」を改良して進化させるためにスポンサーを探しており、後にスポンサーとなった近江連合の二階堂と共に行動するが、最終的には二階堂を裏切り、彼に「タナトス」を撃って怪人化させる