あひる の 空 チャッキー。

晴生たちの肉体強化のためのメニューを作る。 クズ高メンバーからはジュニアと呼ばれている。 現在はレギュラー組18人の1人。 妻の反対を押し切り再度新設バスケ部の顧問になることを直談判する。 好物はクリームパン。 5 大栄で唯一優しい先輩で後輩から慕われている。 『あひるの空』Vol. カレーにはレーズンを入れる。 花園千秋からもチームに必要なのは「正統派ポイントガード」だと指摘を受けます。 ベビーフックを放つなど非常に多彩。 自身が不在とし、膨大なスタミナ強化練習をかすことで男子たちの動向を伺うなど非常に策士であることがわかる。
21 90

円の姉。

高校のバスケットボール部を舞台に、空たちの人間的な成長を描いた「あひるの空」は、今回紹介したシーン以外にも魅力的なエピソードが数多くあります。

長らくバスケ界から離れ長野で農業を営んでいたが、旧友である横浜大栄監督の酒巻の助言によりクズ高に教師として赴任(このことは空は知らされておらず、ヨネも前日に連絡を受けた)。

長らくファーストネームが公表されていなかったが、冬合宿中に自ら書いたと思われる「限界なんてこんなものじゃない」と記された標語の下に小さく「五月正義」と記されていた。

茂吉は峯田のことを覚えていなかった。

加えて、バスケ部員の学校生活や、心情などがに描写される。

しかし、現在は作者曰く「会社の圧力」 により配信が再開されている。

65