この世 は 地獄。

もちろん中東のような戦争が止まない国というのもないと思います。 天国は自分で構築するささやかな小さな陽だまりぐらいの場所かも知れませんが、あなたが広く歩めば天国は広くなります。 … さらに魅力的なのは、暗い感情にも寄り添ってくれるその気質でしょう。 デジカメの写真をメールで友達に送る場合、 写真そのものが送られるわけではないですよね。 苦しくて怖くて悲しくてさみしくて何もできない。 豆を挽いて、お湯を沸かして、コーヒーを淹れる。 ただ単に苦しめただけでは自殺者や、悲観した人は子どもも産みませんよね。 そしたら霊能者の方たちの捉える死っていうのは、どういう感じなんだろうと思いました。 毎日毎日、小さな望みを叶え続けていくのです。

しかし、、、 この世が地獄説では、 「もう今生きているこの世界が地獄であり、 死んだら居心地のいい異世界で、魂は休憩に入る」 といった考え方になっています。

地獄は本当にあるのかのまとめ 地獄は本当にあるのかというお話はいかがでしたでしょうか? 地獄がないと思っている人は、死ぬ気で勉強したほうがいいと思います。

正直なところ、あの世のことについては「わからない」としか答えられません。

それではまた。

そんなに生きるって素晴らしいか?寿命や神経をすり減らしながらこんな世の中で生きることが良いことか?と疑念に思ってからは今までの常識が真逆に思えてきてしまいました。

でも、それでよかった。

悪いことに お金を得る手段の仕事がどんどんハードルが高くなっています。

どんなひどい悲しい日だったとしても、あったかい一杯のコーヒーとひとかけらのチョコレートがあれば1日の終わりはいいものになるんだよ。

天国は、何もない世界。

これで、間違いなく、子持ちの親と、これから子供を作ろうとしている人間には嫌われたし、敵に回ったかもしれないと思っている。

95 76