チェンソーマン アニマン。

長年に渡るデビルハンターとしての活動の結果、すでに体には「契約で支払えるものがほとんど残っていない」といわれる。 能力を使うと触れた死体の身なりを奪うことができ、3兄弟はこれを潜入に活用した。 「チェンソーマン」の映像化を待ち侘びた世界中のファンの皆様に、スタジオの威信をかけて最高のアニメーションをお届けしたいと思います》と心強いコメントを発表している。 物語開始時点では「狐の悪魔」「呪いの悪魔 カース 」と契約していたが、後に狐の悪魔に見限られた上に、自身の寿命が残り2年しかなくなった際に新たな力として「未来の悪魔」と契約を結ぶ。 「週刊少年ジャンプ」にて連載された藤本タツキによるマンガ『チェンソーマン』より、コミックスの絵柄を使用したトートバッグが登場。 悪魔から恐れられる更なる理由として、食べた悪魔と、その名前を持つ存在をこの世から消し去ってしまうという能力を持っていることが挙げられている。 ヒルの悪魔 コウモリの悪魔を「私の男」と呼んでいた悪魔。 幾度もデンジを「殺し」ながら戦闘の基礎をスパルタ教育。 また、彼女に話しかけられた際に「ハロウィン」と聞き返した者は、彼女同様「ハロウィン」を連呼し続ける、もしくは語尾に「ハロウィン」がつくようになる。 釘で相手の体を打ち、代償を払うことで能力が発動し、相手を呪い殺す。
41
これだけ聞くと正義感あふれる品行方正な主人公を想像しますが、デンジはそのイメージとは全く違います ある日、デンジは仕事を斡旋していたヤクザに騙され、「ゾンビの悪魔」によってポチタと共に殺害されてしまう
例にもれず、チェンソーマンもアニメ放送後に映画化する可能性は高いでしょう 地獄 悪魔の生まれ故郷
ジョーイ曰く「いい女」 少年 デンジは死んだ父の借金を返すべく、「チェンソーの悪魔」である ポチタと共に、悪魔を駆除する「デビルハンター」として生計を立てていた
狩りをしながら「師匠」と共に暮らしている青年 覇気に欠け、常に気だるそうにしているほか、「働くくらいなら死んだほうがマシ」など、自らの死を望むような発言も多いが、マキマによれば、怠け癖がなければ岸辺の次に強い
内臓が露出したトルソーの胸部に顔が生えたような見た目をしている コベニの車 コベニが給料で買った車
血を操る能力を持ち、血を固めて武器を生成したり、自分や他者の血液を操作することで止血を行うこともできる(だだし本人は他人の血の操作は苦手と述べている) サンタクロース曰く 『最古のデビルハンター』であり、岸辺とはかつてバディを組んでいた
大人しい性格だが、回転寿司の皿を噛み砕いて食べるなど、理性の高さは定かではない 悪魔(登場人物) [ ] 人間と契約している悪魔 [ ] 狐の悪魔 アキと契約していた悪魔
人を惹きつける不思議な魅力を持つミステリアスな印象の美女で、デンジの憧れの存在 口から火を吐く能力を持ち、無造作に伸びた黒髪と頭頂部から生えた2本の角が特徴的
30