第 二 種 冷媒 フロン 類 取扱 技術 者。

冷媒フロン類取扱技術者制度は、上記ガイドライン(JRC GL-01)に従い、使用中の機器の漏えい点検を行い、早期に「漏えい」を発見・処置することで、フロンの漏えいを最小限に抑え、地球温暖化防止を図ることを目的として制定され、使用中の業務用冷凍空調機器所有者との事前打ち合わせから、実際の漏えい点検作業、点検結果の記録、報告までを適切かつ確実に実施する技術者を養成することを目的として、業界を上げて推進するものです。

今後の開催日程など詳細につきましては、JRECOホームページ(冷媒回収推進・技術センター(RRC)のページ)をご覧ください。

冷媒取扱の資格ができた背景 冷媒を撒き散らかす業者がたくさんいて、オゾン層が破壊され環境問題になったことが背景です。

更新講習は、第一種、第二種の技術者が同一会場で、合同で開催いたします。

3 RRC認定冷媒回収技術者登録講習会 この講習会を受講し、資格登録試験に合格した者について、JRECOが、「RRC登録冷媒回収技術者」として認定するものです。

イ.冷凍空調工事保安管理者に係る保安確認講習修了者• 赤枠部の確認情報サイトのURLをクリックします。

20
4.修了考査の実施、技術者証の交付 (1)修了考査(自己採点) 講習の最後に修了考査を実施します ただし、有効期限を過ぎて1年以内であれば、特別に更新講習を受講することができます
冷媒処分するには費用がかかります 必ず、お客様の状況を事前におしらせください
FAXにてご提出いただく場合 FAX番号:03-5733-5312. に該当する者は、保守サービスの実務経験は不要とする なお、資格を取得するには、上記規程に定められた講習を受講し、修了考査に合格する必要があります
「第一種冷媒フロン類取扱技術者」は、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(フロン排出抑制法)において、次の事項に関し、十分な知見を有する者として認められています 認定要件• (冷媒回収装置を所有またはレンタルする態勢が整っていること) 特 典• 2.講義内容等 (1)形態 1)第一種・第二種の技術者を分けずに、合同で開催します
冷媒取扱資格の縦割り化 上記の通りそろぞれの資格を管轄している会社が異なり、資格を取得しようと考えている人たちにとってわかりづらい資格となります エ.高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械一種・二種・三種)試験合格者• (3)更新申請料 (WEB申請者には、割引が適用されます
申込方法 角2封筒(A4用)に上記の提出書類を折らずに入れ、必ず配達の記録が残る方法(書留や特定記録等)で郵送して下さい 『RRC登録 冷媒回収技術者』の資格を保有している場合、業務用冷凍空調機器の保守サービスの実務経験が1年以上あれば、 『第二種冷媒フロン類取扱技術者』資格を受講受験することができます
写真 2枚(撮影年月記入) 書面申請の方は、更新申請書裏面をご確認ください なお、受講せずに技術者証の有効期限が経過してしまった場合には、資格が失効することになりますが、有効期限の翌日から1年以内に更新講習を受講すれば、技術者証の更新を受けることが可能になります
45
冷媒フロン類取扱技術者(第一種・第二種)の資格を取得された方は、RRC登録冷媒回収技術者の資格を更新しなくても問題ありません 資格の種類 第一種冷媒フロン類取扱技術者 一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会(日設連)という冷凍空調業界団体が認定しているし民間資格です
冷媒フロン類取扱技術者制度 (第二種冷媒フロン類取扱技術者) 第二種冷媒フロン類取扱技術者の皆さまへ (1)有効期限・更新について 1. 3年ごとに更新を行う 最低3日以上の余裕をもって、ご予約ください
さいたま市南区• 登録が完了したら、「」よりお進み下さい 再発行手数料振込先は下記になります
よくある質問と答え Q. ウ.高圧ガス製造保安責任者(甲種化学又は機械、乙種化学又は機械、丙種化学)でかつ業務用冷凍空調機器の製造・品質管理業務に5年以上従事した者• すると、下記のページへ移動します 郵送またはFAXにてご提出ください
IDとパスワードをログイン画面に記入しログインします (別途、インターネット接続に関する通信費はかかります
「冷媒フロン類取扱技術者証」を紛失している場合は、更新講習を受講するための証明として、「更新講習受講証明書」を交付します さいたま市浦和区• その場合は、「失効している登録証の写し」または上記の「受講資格証明書」を添付して下さい
採点はその場で自己採点します (携帯版専用ホームページで新規登録はできません
*更新申請料は原則返還しません 資格有効期限を過ぎてからの更新申請は、更新料が2,000円上がります