横浜市営地下鉄 運行状況。

- 横浜市議会で、横浜市条例 昭和41年第65号「横浜市交通事業の設置等に関する条例」が成立し、4路線 の建設を決定。

小田急江ノ島線-戸塚駅-上大岡駅-。 - 盲導犬の車内持ち込みを全面許可。 0km)の2路線で、2018年度の1日当たり利用客は約69万2300人。 鶴見駅-末吉橋(上末吉小学校付近)-(現在の)に変更。 ブルーラインでは、の実施に向けて、2007年(平成19年)からATO()の運用を開始した。 また1号線の湘南台駅への延伸、3号線のあざみ野駅への延伸、4号線の日吉駅-港北ニュータウンの建設が提案された。
99

- 1号線の上永谷駅-と、3号線の-が開業(第3期開業)。

『』2007年(平成19年)12月15日付朝刊。

4kmである。

女性専用車両は(平成15年)から試行し、同年に本格導入した。

(平成元年) - 国鉄戸塚駅直下部分が完成し、戸塚駅が本開業(第5期開業)。

2003年(平成15年)に「市営交通事業あり方検討委員会」が行った答申は厳しいものとされたが、これを着実に実行して経営改善に活かした。

トンネル内でも携帯電話・スマートフォンの電波が届くように整備した。

3月 - の使用を開始 0kmが提案された
ブルーラインで用いる車両は、異なる車両形式にまたがって車両番号が連番となっている 乗換路線• (昭和34年) - 交通局が(現 )から、横浜市庁舎(一丁目1番地)に移転
経営改革と増収施策 今後は企業債目標年度設定とスケジュール化を行い、毎期にその検証を行っていくことが必要とされている 横浜市交通事業の設置等に関する条例(昭和41年条例第65号)
さらに、あざみ野駅からの(川崎市麻生区)までの延伸構想が存在していたが 、2030年の実現を目指す計画として横浜・川崎両市が2019年1月23日に正式に公表した しかし9月と12月に横浜港湾労組協議会・横浜船主会などの港湾業界から、地下鉄建設工事で交通渋滞が一層激しくなり、からのに大きな影響を受けることを懸念し、工事着手の延期を願うが提出された
(昭和48年)3月の CTC の運用開始にともない、横浜市交通局が沿いのの土地を取得し、横浜市がを建設 に関連するメディアがあります
- 「再建整備5か年計画」に伴い、・を廃止 (昭和47年)• 乗換路線 乗換路線はありません• (昭和40年)• 約50万トンの水・土砂が流れ込み、復旧に約2か月を要した
嶮山は横浜市青葉区、すすき野は横浜市、川崎市の境界付近、ヨネッティー王禅寺と新百合ケ丘は川崎市麻生区です 横浜市の面積は437平方キロで、大阪市の2倍以上あります
グリーンライン開業後も、JR東日本を除く接続他社の駅の案内サインや接続路線での乗り換え案内では路線名称を使用せず、「横浜市営地下鉄(線)」を使用しているが、新横浜駅と中山駅で2路線ともに接続しているJRでは、車内放送等で「横浜市営地下鉄ブルーライン」「横浜市営地下鉄グリーンライン」と案内されることが多く、2014年に導入されたの自動放送でもそのように案内されている (平成14年) - に総合指令所を設置
21