在留 資格 認定 証明 書。

再申請とは、再度最初と同じステップで申請をして結果が出るまで待つということになります。

申請人、法定代理人、法第7条の2第2項に規定する代理人 実際に申請手続きを行う人(本人もしくは企業担当者など)の情報を記入します 署名は必ず申請人もしくは代理人が自署します 取次者 申請に際し弁護士や行政書士など取次者を介した場合、その人の情報を記入します 該当しない場合は空欄にしておきます 所属機関等作成用1 1. 職務内容 申請人が予定しているメイン業務を1つ選択し、番号を記入します それ以外にも関わる予定の業務がある場合、次の欄に番号を記入します(複数選択可) 所属機関等作成用3 所属機関等作成用の3と4は、申請人が日本国内で派遣社員として働く場合のみ記入します 在留資格認定証明書交付申請書• 事業内容を明らかにする資料(会社案内など)• 税金を納めたか、交通違反をしていないか、資格外活動をしていないか、学校の出席率は高いか、入管法上の届出義務を履行したかといったことです
在留資格認定証明書(COE)の交付申請 「在留資格認定証明書(COE)」は、留学志望者本人(申請人)または代理人(申請者の親族や受入れ教育機関の職員等)が、日本国内の地方出入国在留管理局に申請します 申請にあたり必要な書類等を下記の指示に従って作成し、締切日までにオンラインフォームにて登録してください
本来、来日する外国人は空港で上陸審査を受け、その際、本人の証明が認められればいずれかの在留資格が入管から与えられます 申請先は、企業の所在地を管轄する出入国在留管理局の支局や出張所などです
上場企業など規模の大きい企業の場合は用意する書類が少なく、小規模企業や設立から間もない企業の場合は書類が多くなる 認定証明書の原本は、日本の入国管理局に申請をした会社(雇用主)または行政書士などの申請代行をしたところに郵送されてきます
在留資格認定証明書交付申請の書類はかなり多く、審査に時間がかかります ぜひ、あわせてご覧ください
10 33 89