理系 数学 の 良 問 プラチカ。

・難関大学を目指す人にはお勧め ・問題数が少ないことからすぐに終わらせることができる 「プラチカ」は文系向けと理系向けの2種類に分かれており、さらに理系数学は1・A・2・Bと3に分けられ、合計で3種類の問題集があります。

旧帝大や一橋大のような難関校を受験しようとしている人向きである。

私はどちらの参考書も持っていましたが、使った印象としてはどちらでも良いというのが答えです さきほども書きましたが、 『やさしい理系数学』は例題だけでも十分な効果を発揮できます
逆にだからこそ、 死ぬほど悩んでほしい
プラチカは、複雑でない問題を地道に解いていくことで、 着実に数学力を上げていくことを狙いとしているのだ 短期間のうちにその分野に関する様々な解法をマスターできるので効率が良いからです
なお、理系数学のプラチカ2冊の基本情報は以下の通りです 応用するための基礎力を養うのが最初の目標だ
ただ答えを出すだけなら中堅大学レベルも問題もありますが、 解き方も考慮すれば難関大と言って問題ないレベル 詳しく説明していきます
というように問題数が少ないです 1周目で解けなかった問題は必ず、印をつけておき、2周目で再チャレンジするようにしましょう
基礎をしっかりと固めてから解いてこそ価値を発揮する一冊だ 解けない理由は、知識の組み合わせ方が分からないことであるはずなので、試行錯誤を繰り返す時間を15分程度とりましょう
使うべき問題集は2種類あります しかし阪大入試には対応できたので、理系難関大受験生も 数学1A・2Bは過去問への橋渡しと考えると悪くはないかなとは思います
57 23
自分の学力に合わせて選ぶと良いでしょう。 その分、中身はしっかり消化しないと難関校入試には到底太刀打ちできないので、 内容は全て理解するつもりで取り組もう。 プラチカには、それを手助けする工夫がなされている。 一周めを解く際に気をつけて欲しいのが、理解度別に印をつけるのを徹底することです。 丁寧に解き方が載っていて、答案の発想の仕方を勉強する時も使いやすいです。
2