バイアス テープ 作り方。

どちらもダブルに仕上げるためアイロンで型を付けます。

また、生地の形に歪みがある場合は地直し、長方形を整えておきます。

布目の方向を揃えて並べ、布端から5mm程度内側に線を引きます こんな感じです
12mmのテープメーカーだと半分に折ると6mmになります 今回は9mm幅のバイアステープを作るので35mmで線を引きました
元に戻して貼り合わせます 縫代をアイロンで割ります
両端が折られて出てくるので、少しずつ引き出しながらアイロンをかけます 簡単ななみ縫いでOKです
ここでわかりやすいように一番下のラインを赤で書いています こんなにきれいに仕上がりました! 半分に折ってアイロンをかけて、バイアステープの完成です!! テープメーカーはバイアステープ作りの救世主! 普通に作ると、折る幅を計って、折り返して、アイロンをかける…という工程があり、片方きれいにアイロンをかけると、片方が開いてしまったりと、仕上がりもイマイチ… テープメーカーさえあれば、売っているみたいなピシッと幅のそろったバイアステープに仕上がります
あとはどんどんアイロンをかけるだけ! 左手で紙と布を引っ張って、スピードを調節しながらアイロンをかけていってください 市販のバイアステープで物足りないところは• 最終回となる次回は 「バイアステープを使ってランチョンマットを手作り!」です
スポンサードリンク テープメーカー25mmにバイアスを通しアイロンをかけていきます 【定規】 長い直線を一定間隔で引くので、50cm以上の方眼定規があると便利です
線を引いていきます ここまでできたら 穴に通していきます
アイロンで折り目が付きやすいものを選ぶと作りやすいですよ! 使用する道具は• 残ったテープの端をかぶせてアイロンかけ折り目を成形します。 クチュリエブログでは、裁縫はもちろん、刺繍、手編みなど、さまざまな手づくりのコツをお届けしています。 うん、もたつきもなく、きれいです!縫い始めと縫い終わりがきれいにつながりました。 今回は、長いバイアステープを無駄なく効率よく作る方法を紹介します。 角の斜めの折り込み部分を、まつり縫いします。 ママ大好きと言ってくれるうちが花ですね(笑) 今は、「親と一緒に歩くなんてありえね~」ですから。 カットした布を中表にして合わせる カットした布を中表に合わせて、布先の尖ったところを少し出して合わせる。 必要な本数分の線が引けたら1本ずつバラバラに切り離します。 さらに長方形の角からも、平行線を引き、これを最終線とします。
73
ちょっとわかりづらいですが、グレーの部分が隠れるように。 再度縫う(縫い線をつなげる) 隙間が開かないように手で押さえながら、縫い線をつなげましょう。 ただ、プリントアウトで作れる、ということがわかりました! 参考にして早速作ってみたのがこちら。 次に先ほどのパーツを 点線にそって折ります。 布は3つ折りになっています。 生地を正方形に裁断します。
46