インター ポール と は。

2012年にインターシルの取締役会は売上高の減少に伴い、ベルCEOの退任を決議し、後任CEOの人選を開始した。
運営は、2つの非常設機関(総会および執行委員会)と、2つの常設機関(事務総局および加盟各国に設置された国家中央事務局、通称NCB)により行われる。 1965年(昭和40年)9月22日『官報』資料版No. (昭和42年) - の間、で第36回総会が開催された。 1970年代にが登場した時に、インターシルは12ビットIM6100マイクロプロセッサにより市場に参入した。 (平成8年)から(平成12年)まで(警察庁国際部長。 11月、がICPOへの参加を申請するもがこれを妨害し 、総裁に公安委員で人権派弁護士の大量逮捕やでの人権の侵害に関わったと中国の反体制派から批判 されていた副部長のが満場一致で選出されたため 、やなどからICPOの政治利用を懸念する声があがった。 本部の約700人に次ぐ70人規模となるシンガポール総局を設置する。
50 61