ウマ 娘 シンデレラ グレイ。

「B」のを2つに付けている。

史実、のも後に中央へ移籍を果たしている。

第Rより登場する。

髪飾りの意匠をはじめ、各描写からツインビー号がモデルと思われ、史実のオグリを取り巻く人物たちの役どころも投影されている。

そう考えると、オグリキャップはゴールドシチーと1988年ジャパンカップで対決していますので、2人の対決が今後見れるかもしれませんね! その他、1話が掲載された本誌カラーでは、 、、も登場しているので、今後のレース展開がどのように表現されるのかも楽しみです。

抽選から11番を当てたが好走してするが、このことが、登録がないがに出走できないという点に疑問を投げかけることとなる。

新バ戦では中盤のでで押し出されてと接触している。

中央移籍後はのである中央の・六のに所属する。

また、が1番となった理由も史実ではが前戦でから2連勝したこともあって今回も有利というの予想があった為だったが、ではノルンとの(2戦)でのウイニングで「カサ」を踊った事やでのっぷりの様子が新聞のに載ったことでになったのが遠因とされている。

の才に惚れ込み、その熱意でに出られないを出せるように多くの記事や署名などでを煽る。

96
ではとは新バ戦以来の2度のとなっているが、史実ではまでの間にとトョウは4度対戦し、2勝2敗と互の成績で当は5度の対戦だった。 さてストーリー。 地方には地方の良さがある、と語ってはいるものの、思うところはある様子。 また、ほかのレースのように実力や強さではなく運が左右するため、次回はギリギリのところでオグリキャップが抜き去りトップでゴールできるか楽しみです。 6z上山送信所」付近。
76