視界 が 波打つ。

脳の中で視覚を担当している視覚野という部分の血管が収縮したり拡張したりすることで、視覚に異常が生じ、その結果キラキラした光が見えてしまうのです。

緊張が解けて「ふっ」とリラックスしたときに、症状が出やすいともされています。 網膜剥離とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取る網膜が剥がれてしまう病気です。 加齢黄斑変性には2つのタイプがあります。 ですから、早期に発見して早期に治療することがとても大切です。 視界の歪みは自覚しないまま進行してしまうこともめずらしくありません。
89

ストレスを溜めないよう明るく気を持って生活をエンジョイしましょうね、お互いにね。

3)動脈硬化によるふわふわ感 さて年齢がさらに上がり、60~70歳代になるとさらに複雑になってきます。

様々な症状のケース 症状として、下記のようなものがあります。

具体に、なりやすい人の例で見てみます。

お辛いことがあったのですね。

閃輝性暗点といって視野の周辺から見えない部分があらわれ、それがギザギザに光る波のようなものとして視野の中心に広がってきます。

私の場合は 自分の仕事や家業の行き詰まり、その他いろいろな悩みが重なった時期に、ご質問の 症状に良く似た、眼の視野の周りがユラユラと言うよりギラギラに近い揺らぎがあって 翌日、眼科に診てもらったところ、それは眼の異常によっておきるものではなく、脳の 血管が何らかの原因により1次的に痙攣したりして起きるんだそうです。

内科医に相談されるといいでしょう。

喫煙習慣のある人は禁煙することです。

5