織田 信雄。

愚将と呼ばれる理由 理解できない独断行動も多く、 ・信長に無断で伊賀国に攻め入り、大敗した ・本能寺の変の直後、京に近い甲賀まで軍を率いていたにもかかわらず明智光秀を討たずに引き返した ・安土城を燃やしてしまった(信雄の仕業ではないとの説もあり) ・小牧・長久手の戦いで同盟軍の家康に無断で敵方の秀吉と単独講和を結んだため家康が困った ・二度も領地を没収されている などが理由として挙げられます 享年73
幼名は茶筅 静岡大学名誉教授 小和田哲男. 一方のはの後、を経て、に勢を伸ばしていた
雪姫について書いてあるのでしょうか… 具教卿息女則平信雄室 同名千代御前 四 十一月廿八日 一門生害ヲ聞落ルイ、ナノ女不成於田丸城生害蓮照院不先妙元大姉 具教が亡くなった三日後に田丸城で殺されたとしています 一方、羽柴秀吉 後の豊臣秀吉 は中国攻めの最中であったにも関わらず、わずか10日後程には明智光秀を打ち取り敵討ちに成功します
(分限帳 はにも収録されています) 分限帳とは家計簿みたいなもので、家中の誰それにいくら与えているとか記してあるんですね これが、明治時代になって伊藤博文による 富岡製糸場の造営へと繋がりました
また録~の義理は 6とやたら低く、これは徳政権における信雄のを反映したものと思われる 忍者の戦い方は武士の戦い方と異なります
25
しかしは正室との子である嫡男ができなかったため、信雄ので「」を通称に持つ人物はいない。 のが強く、 二度も領地をされているにも関わらず、何故かを生き抜いて、最終的に(のの中で一)大名として寿を全うするというあたりもっぷりに拍をかけている。 ということである。 位牌堂には信雄の位牌も残されています。 は本来、武ではなくであり、幕府に任じられたではなくに任じられたなので、その名残。 そのほかでは養蚕などの産業育成も実施しながら四男・信良に上野小幡藩2万石を分け与え京都に隠居、茶や鷹狩りなどを楽しむのんびりした余生を送ることに。 また賤ヶ岳の合戦を経て、朝廷が本格的に秀吉と交渉を測るという不運も重なった。 上述の他に、信長の弟・(有楽)系のとを、高長の孫のと曾孫のがそれぞれ継いでおり、以後は血筋の上では信雄の系統で続いた。
31