ハムスター 頬袋。

野生では常に食べ物が豊富にあるわけではないので、ため込んでおくことで、ハムスターたちは安心するんですね 例えば、赤ちゃんハムスターを運んだり、巣穴を快適にするための巣材を運ぶためにも使うことがあるのです
さて・・・文面から憶測するにパイプでつながっている2階を巣穴巣箱をしていたところ、塞がれてしまってプチパニックでオロオロしたのではないでしょうか? 通常だと1階のどこか隅を代理場所にして巣作りしたりするのですが、彼さんが心配でチョコチョコ除くので余計に落ち着かなくなったのかと思われます 一度戻っても再び出てしまうことがあるので、油断せず様子を観察してください
皮が引っ張られることで頬袋の中身が動くので食べ物が出やすくなります 2004-08-24 17:48:47 ゲスト:haTRxq. 吐き出したものは自分の貯蔵として一か所にまとめておくことが習性となっているようです
なぜなら 頬袋を傷つけてしまう可能性がかなり高いといえるからです 臭いも異常になるので気づきやすいですが、 感染がひどくなると敗血症など ハムスターの命に関わる状態に なりかねません
吐き出しているのはエサでなくフンですが、 これは盲腸糞といって、栄養素が残されているため、 もう一度食べられるフンです(エサの代わりに頬袋に詰めていた) これに対してドワーフハムスターの頬袋の内部には微細な毛が生えていません
自力でだせない場合はこの状態で片方ずつ頬を外からちょっと押すと押し出されるように・・・それはそれは大量に出ますよ 詰まってしまい、出したくても出せない状態の時に効果的です
D0hFKQ• そして出たまま噛んでしまったり、そのままの状態であると頬袋が乾いてしまい、頬袋が 壊死してしまいます ハムスターが激しく抵抗してそれを止められない、うまくやる自信がない場合は、綿棒作戦は諦めて病院へ行きましょう
2012年11月3日閲覧 飼い主さんは注意深く観察を行う必要があります
頬袋が何のためにあるのか?仕組みはどうなっているのか?ハムスターはなぜ頬袋に食べ物を入れるのか?と疑問に思っていた方の参考になれば幸いです D0hFKQ• 人間界とは違って自然界はとても厳しいところなのだということも、こういった行動で学ぶことができます
ハムスターの健康のために、人間の食べ物を誤って食べてしまわないよう注意してください 頬袋に張り付いてしまって取れなくなり、そこから炎症を起こして、ひどい場合には壊死してしまいます
69 10
かすかな音でも聞き逃さず、素早く危険を察知するために、あの小さな耳で人間の4倍の音域を聞き取ることができるそうですよ! そんな能力を活かして、ハムスターは飼い主の声や足音を覚えてくれます。 一度頬袋が正常な位置に戻ったように見えても、しばらく経つと再び飛び出していることもあります。 できるだけ自力で出してもらいたいですし、ちょっとしたきっかけで吐き出してくれることもあるので試してみるのも良いと思います。 なかなか賢い!道を覚えることができているのか、一度自分が通ったところの匂いをたどっているのか、そこまではわかりませんが、経験を重ねることで目的地に向かう効率を上げる能力はあるようです。 頬袋は伸縮性があり、一番大きく膨らんだ状態で体の3分の1ほどの大きさになります。 食べ物が無くなってしまった時に備えて、エサを確保できる時にはできるだけ貯めておこうという習性です。 ハムスターにとって食べ物はとても大切ですが、危険を感じた時にはハムスターも自分の身の安全を優先します。 放置すると食べ物が食べられなくなったり 顎を歯が突き破ったりということも あり得るため、早めの歯切り処置が 必要です。 部屋んぽをさせる際には、口に入れてしまうような小さなかけらなどがないよう掃除をしておきましょう。 関連記事: まとめ ハムスターが「頬袋から吐き出す」理由は以下の2つです。