土木 学会 cpd。

社会経済構造の変化に伴い、土木の現場に求められる技術のあり方も、「標準化」から「多様化」へ変化しています。
申請済みのプログラムにつきましては料金の返金はし兼ねます(プログラム審査等の作業が発生しているため)。 また、CPDSは公共工事の入札の総合評価における技術者加点や経営事項審査の評点にも活用されています。 しかし、できるだけ、参加者の手間を省く形でCPD記録の登録が行えるようにしたいと考えています。 受講者氏名が入力(記入)された受講証明書を配付してください。 受講者氏名が入力(記入)された受講証明書を配付してください。 ・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で行事主催者に提出すること(この所見書式は自由です)。 申請済みのプログラムにつきましては料金の返金はし兼ねます(プログラム審査等の作業が発生しているため)。 ・2021年度土木技術者資格審査は、現在のところ、当初の日程で実施予定です。
69
本制度が目指す土木技術者資格は、名誉を目的とするものではありません。 認定CPDプログラムとして申請可能でしょうか。 ・受講して得られた所見(学びや気付き)を100文字以上で行事主催者に提出すること(この所見書式は自由です)。 主に実務に携わっておられる土木技術者(教育・研究分野の方も含みます。 お近くの協会のホームページ等を御覧下さい。 他団体のCPD制度への単位登録申請で受講証明書が必要となる場合は、参加者ご自身で申請先団体指定の受講証明書をご用意いただき、当日ご持参ください。 このページでは、「土木学会事務局へ寄せられるよくある質問」に対する案内を掲載しています。 〔新型コロナウイルス感染症等に関する受験者へのお願い〕 1. 土木学会の「技術評価制度」は次のような特徴をもっています。 受講者からの所見は主催者で管理保管をお願いいたします(土木学会への提出不要)。 COVID-19の影響により、対面講習会からライブストリーミング配信による講習会へと変化しております。
50