本田 圭佑 目。

試合の勝敗より気になっている方もいますね。

パチューカ時代と比較すると症状は落ち着いたようにも見えますが、今もなお、 黒目の大きさや位置などに後遺症が残ってしまっているようです。

その代わりに、サッカー関係者の声として 「バセドウ病」疑惑が報じられました。 バセドウ病は甲状腺を手術で摘出すると症状が治まる場合が多いのですが、眼球突出が戻ることはないようです。 髪型などはほとんど変わりませんね。 サッカー選手にとって、視力はかなり重要なところですもんね・・・。 山崎亮平選手 しかし同じプロサッカー選手でもバセドウ病を患っている現役選手がいる。 なのでバセドウ病ではあったとして本田圭佑のように目に顕著な違和感を感じない。 ですから、レーシックの手術自体はせいこうだったんですね。 なぜこんなことになってしまったのでしょう?本田圭佑選手の目がおかしい原因は?今なお、日本代表のエース的存在である本田圭佑選手の目の違和感について、当時、色々な憶測が飛び交いました。 引用元: とのことです。 「顔が変わり過ぎてる…」 その後、ブラジルに移籍した理由や毎日のルーティンなど、約30分にわたってしゃべり続けた本田。
3

サッカー日本代表の本田圭佑選手が、「レーシック手術失敗」のうわさを自ら否定した。

バセドウ病患者が必ずしもこの症状を伴うとは限りませんが、左右の目の大きさに違いが出たり、眼球が突出してしまうなどは、バセドウ病に見られる症状だと言われています。

本田圭佑選手がバセドウ病の手術を行ったと噂されている病院名の1つが、野口病院です。

そのため、移籍前後にバセドウ病と告白すると契約に影響すると考えるのが一般的ですよね。

本田圭佑の詳しい病気の状態は分かりませんが、それほど重い病気の状態とは思えません。

実際に本田圭佑選手の目が変だと言われるようになる前にレーシック手術を受けていたようで時期も重なっていたことからレーシック失敗説がでてきたようです。

本田選手は首元に手術の跡があるので、そのことから甲状腺摘出手術を行ったと考えられますが、 甲状腺機能が治っても眼球は治らない人もいるようです。

もちろん伊藤病院も噂に過ぎないのですが、都内ですから本田選手が通うには、野口病院よりかなり便利だと思います。

日刊スポーツの取材では昨年12月にCSKAモスクワを退団してから、今年1月にACミラン入りするまでの1カ月間に国内で手術に踏み切ったものとみられる。

本田圭佑のレーシック手術はいつ? ちなみに、本田圭佑はレーシック手術という近視手術を受けている。

10
そこから海外に行ったんです。 結婚後はVVVフェンロでの活躍もありましたが、プライベートが充実していたことも影響していたのかもしれません。 日本代表のエースMF本田圭佑(27=ACミラン)が、 頸部(けいぶ)の手術を受けていたことが1日、明らかになった。 いかがでしたでしょうか? 画像を見ると分かるように、本田圭佑さんの「目」は昔と比べるとやはり昔の面影はないほど変わっているように見えます。 日本人として初めてチャンピオンズリーグベスト8を達成し、この試合のマンオブザマッチに選出され、さらにチャンピオンズリーグの週間ベストイレブンにも選出されました。 心配の声が高まっているので、これ以上病状が悪化せずに、大好きなサッカーで活躍できることを祈っています!. そんな本田圭佑選手の子供に対する考え方は、「社会からの預かり物」。 それどころか、他のスポーツ選手にも勧めているくらいレーシック手術にとても満足している様子がうかがえます。
56