スマホ の 画面 を パソコン に 映す。

iPhoneの最新機種にもうまく対応しています。
「スマホ画面ミラーリング」をタップします。 すると、開発者モード(デベロッパーモード)をONにすることができます。 使用用途は様々でアイデア次第で色々と活用でき、なんといってもミラーリングケーブルなどが必要ないのがいい点だと思いました。 USBケーブルを差し込んで、Androidとパソコンをつなぐ。 iToolsを利用してアイフォンの画面をPCに映したい場合は、まずこのアプリをインストールします。 Androidデバイスの画面をパソコンにミラーリングするときに、スマホから音を出力できないことが多いでしょう。
79
(上記のUSBデバッグの設定ができていないと、Find Deviceをクリックしても端末名が表示されません。 結論 MirrorOp Senderを比べて、ApowerMirrorやLetsViewの方がよりおすすめです。 「許可」を選択すれば、ApowerMirrorアプリがAndroidスマホにインストールされます。 スマホも古い物で(SH-01F Androidバージョン 4. 「マイクから音声をミラーリング」をオンにします。 お使いのアンドロイドスマホのUSBデバッグを有効にします。 上記の方法では、音声は出力できず、画面しか出力できません。 次は、スタートメニューからスクロールするか、Cortanaで 「接続」を検索して起動します。 一番上の項目を「常にオフ」から「どこでも使える」に変更する• ストアのVysorのURLは下記に表示 右上に「CHROMEに追加」があるので追加。 アンドロイドのOSバージョンによっては多少違いがあり、他にも表示される項目が出てくるかもしれませんが、許可や同意などでわかりやすいとは思います。
38