ミリ 波 対応 スマホ。

特にSub-6よりも上りが2~4割は速い傾向 本機の5G通信機能は、すでに国内でサービスが始まっている周波数帯「Sub-6」に加えて、今夏に開始される予定の高周波数帯「ミリ波」にも対応している。
」 5GHzの周波数帯に近く、4Gの延長線として既存の技術を応用でき、エリアをカバーしやすいというメリットがあります。 なお、ミリ波で指摘されることの多い、遮蔽物に弱く、電波の届く範囲が狭いという欠点だが、上記の計測地点から10mほど離れたところに移動したところ、「そこではだいぶ電波が弱くなっているはずだ」と言われた。 それだけの期間安心して使えるのであれば、決して割高というわけでもないだろう。 ただ5Gエリア(特にミリ波)がどの程度のスピードで拡大するか予測できないので、正直何とも言えないところです。 ミリ波と比べると、Sub-6は 遮蔽物や雨に強いという特徴があります。
64 52