アイルトン セナ 事故。

」と関係者へコメントしていた。 65
このリアがスライドしたという点は、エイドリアン・ニューウェイが真後ろを走行するミハエル・シューマッハのオンボードカメラ映像(FIAから入手した別角度のもの)から確認を行ったもの。 「筆者に拠る仮説」 「セナのマシンが7周目のタンブレロの路面の大きな段差を通過した際に、 操舵していた前輪からステアリング・ホイールまでの区間に非常に強い力が入力され、 それに対してセナは強い力で路面からの力へ抵抗し、パワステもそれに加担し、 結果、抵抗し合う力からステアリング・シャフトの細い部分が破断し、 (それはコントロール・ライン通過時から11. かといって、セナほどのドライバーが回避行動も取らずに、壁に突っ込んでいったをことを信じるには無理がありました。 特にアラン・プロストは最大のライバルとして毎レース注目を集め、「セナ・プロ対決」として日本のF1ファンは盛り上がり、F1ブームを牽引しました。 元F1チャンピオンのジャッキー・ジャッキスチュワートはセナに対してのインタビュー中に「君は危険な運転をすることが多い」と発言、セナは「理解できない」と反論しました。 そして、どれだけ時間がたってもあの週末にイモラで起きた一連の出来事は忘れられない。 胸をなでおろしたものの、不穏な空気はさらに拡大する。 サンマリノGPではスタート直後の事故からセーフティーカーが導入され、その間にタイヤが冷え空気圧が低下(車高が下がる)し、リスタート後には火花を散らし激しくボトミングを起こし続けた。 土曜日の午後、2回目の予選セッションが始まった。 その際、ホイールにつながるサスペンションはベル・M3ヘルメットを部分的に貫通し、セナの頭部を損傷した。
40
アイルトン・セナの身体は、特殊な金色の袋状のケースに包まれている。 F1の安全性向上に意識が高かったセナは事故現場に向かい、友人でもある医師のシド・ワトキンスと話をします。 また、自身の意向により常に完全匿名で行われていたため存命当時に公にされることはありませんでしたが、チャリティに非常に熱心で、数百万ドルの私財を恵まれない子供たちに寄付していたそう。 ベネトン所属のミハエル・シューマッハは、フォーミュラ1の安全性の改善を求めた。 point 446 1. 改造作業は急いでやっつけられたようだが、いつ頃に実施されたかはわからない。 この破損は劣悪に設計・実施された改造によってもたらされた。 臨終の秘跡は午後6時15分に行われた。
32